イルミナティカードが予言する「北京五輪中止」と「第1次台湾戦争勃発」の危機/嵩夜ゆう
見出し画像

イルミナティカードが予言する「北京五輪中止」と「第1次台湾戦争勃発」の危機/嵩夜ゆう

北京オリンピックという平和の祭典と、台湾をめぐり、高まる国際的な緊張感。相反する価値観のなかで、いまや世界の大国となった中国は何を目論んでいるのだろうか?
その答えはイルミナティカードにあった!

文=嵩夜ゆう

画像1

「BankMerger(銀行統合)」のイルミナティカード。1995年が最後のロットのはずのこのカードには、その当時はまだ存在しなかったものが描かれている。

ユーロ通貨出現を予言していたカード

 2022年には、冬季北京オリンピックが開催される。オリンピックといえば、平和の祭典だ。
 しかし、現在の中国を取り巻く状況は、平和とはまるで逆方向に邁進まいしんしているとしか思えない。はたして本当に、オリンピックは無事行われるのか?
 じつはそんな中国の未来を、「イルミナティカード」が予言していた。
 どういうことなのか、説明していこう。
 昨今の中国を見ると、まずは不動産バブル崩壊のニュースが目につく。さらに、国内の電力不足も深刻で、工場の半分が停電しているという。
 だが、これはきわめて奇妙なことだ。たとえば停電については、オーストラリアとの貿易摩擦によるものと報じられているが、そもそも中国は自国資源の豊富さからガスや重油ではなく、石炭火力発電を推進してきたはずなのだ。
 電力の供給量など、中国共産党のさじ加減ひとつでどうにでもなるはずなのである。
 不動産バブルの崩壊についても、中国は最近、不動産売買に関して多くの規制を断続的に設けてきた。それが今回の危機につながったわけで、要するに自分の首を自分で締めているのだ。

この続きをみるには

この続き: 6,740文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。