兵庫県篠山町の『麦の穂』ザシキワラシを追う!/吉田悠軌・オカルト探偵
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

兵庫県篠山町の『麦の穂』ザシキワラシを追う!/吉田悠軌・オカルト探偵

世界中がコロナウイルスに翻弄されたこの一年。オカルト探偵業も例外ではない。移動制限のために長らくままならなかった、「篠山のザシキワラシ」現象の取材がこのたびようやく実現した。今月はオカルト探偵の真骨頂・実話怪談ルポ!

文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵
取材協力=パン工房 麦の穂

画像11

吉田悠軌●怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回はザシキワラシ現象の現場「麦の穂」にて取材を敢行。

動画でのプレビューはこちら

最新ザシキワラシ現象の発生スポットへ

 ここ一年間ずっと、ふたつの実話怪談が気になっていた。どちらも子どもにまつわる奇妙な話だ。
 2020年4月、本誌・三上編集長も出演する『世界の何だコレ!?ミステリーSP』を観ていたところ、「店内の物が勝手に動くパン屋さん!?」なるものが紹介された。兵庫県丹波篠山市のパン屋さんで、怪現象が続出。店主はこれを「座敷童子の仕業ではないか」と考え、番組の名物企画「原田龍二の座敷わらし調査」に調査を依頼したというのだ。
 私がひどく驚いたのは、店の位置する「場所」だった。まったく同じエリアにて、やはり「子どもの怪談」を採取していたからだ。どんな話かは後述するが、この偶然の一致に、私の心はざわめいた。
 すぐ現地へ取材に行きたかったものの、ちょうど新型コロナ大流行の時期に突入。なんとか訪問できたのが今春初めなので、実に丸一年がたってしまったのである。

この続きをみるには

この続き: 4,478文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。