池田湖のイッシー”みやげ”から時代と正体を読み解く!?/山下メロ・平成UMAみやげ
見出し画像

池田湖のイッシー”みやげ”から時代と正体を読み解く!?/山下メロ・平成UMAみやげ

日本全国の湖を賑わせたネッシー型UMAのひとつ、「イッシー」の姿を平成みやげから読む! 「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、平成を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

和製ネッシー

 この連載では主にオカルト案件のレトログッズを紹介しているのですが、メインは平成に流行したUMAのファンシー絵みやげです。筆者が特にチカラを入れているファンシー絵みやげについては後述いたします。

01 ファンシー絵みやげ

ファンシー絵みやげ。

 UMAの中でも有名なのはスコットランド・ネス湖のネッシーですが、日本中の湖でも各地で〇ッシーの目撃例がありました。そして観光地となっている湖では周辺の土産店で、その〇ッシーのお土産品が売られていたのです。

03 池田湖

指宿市の池田湖。

 鹿児島県指宿市の池田湖で目撃情報があるのがイッシーです。1970年ごろネス湖のネッシーが日本で人気となり、国内の湖で目撃された未確認生物が「湖の1文字目+ッシー」という法則に従った愛称で呼ばれるようになっていったのです。

 鹿児島県の南西部にある指宿には、有名な砂風呂をはじめ数々の景勝地や施設があります。中でも観光スポットとして池田湖は外せません。

04 池田湖看板

池田湖の看板。大ウナギとイッシーについても紹介されている。

 このように湖畔に立つ看板にもしっかりイッシーの目撃情報についての記載があります。そして、いかに池田湖においてUMA・イッシーが観光資源として扱われているかは、同じく湖畔に鎮座するこちらからうかがい知ることができます。

05 イッシーと看板

イッシー。今見るとスピノサウルスのような姿。

 ここへ来た観光客は、このイッシー像に乗って写真を撮るのです。完全に池田湖の象徴と化しています。そして湖畔に並ぶ土産店では、イッシーがモチーフの観光地みやげが見つかります。基本的に鹿児島県全域で「西郷どん」のファンシー絵みやげが多いのですが、その中に地域性のあるイッシーも負けじと売られているのです。

06 イッシーテレカ

 以前の記事では、こういったものやTシャツ、他にも変わったものを中心に紹介いたしました。そちらについては以前の記事を見ていただけたらと思います。しかし前回から2年近くが経過して、その間に色々と新たに発見されたイッシーのファンシー絵みやげがありますので、そちらを紹介したいと思います。

この続きをみるには

この続き: 744文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。