見出し画像

ムー2022年6月号のカバーアート/zalartworks

ムーPLUS

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。

今月は総力特集になっている「うつろ舟の蛮女」を私なりの解釈で描いてみました。

蛮女は「肌が白く、赤い毛髪、錦のような金の筋が入った織物の服を着て、60cm四方の箱を抱えていた」と言ったような記述があり、現在の茨城県の濱で発見された時に、地元の古老が「外国の王の娘で、箱の中はおそらく密通した男の首だろう」と話していたそうです。
うつろ舟に書かれていた記号は、浦賀に来航したイギリス船にも書かれていたなんて話もあるので、遠い異国の王の娘がうつろ舟に乗せられ逃された…といったイメージです。

「王の娘」「男の首」と来て思い出すのが「サロメ」なのですが、時代的に離れ過ぎているので、あのUFOのような変わった形の舟は実はタイムマシンで、サロメがヨカナンの首を抱え、時代を超えてやってきた…?などと空想してみました。


★zalartworksさんのnoteはこちら。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。