ホピ族「預言の岩刻画」が人類の試練と希望の未来を示す/NANA
見出し画像

ホピ族「預言の岩刻画」が人類の試練と希望の未来を示す/NANA

標高約2000メートルの不毛な高地に暮らすホピ族は、「平和の民」として知られている。彼らは約100年前に、岩に不思議な絵を刻んだ。その絵は人類の未来について、ふたつの可能性を示している。われわれはまさに今、どちらを選ぶかの岐路に立たされているという。

文・写真=NANA 構成=尾崎 靖

岩絵のメッセージを広く伝える時がきた

 アメリカ先住民のホピ族は「平和の民」として知られている。彼らが暮らしているのは第1メサ、第2メサ、第3メサと呼ばれる標高約2000メートルの高台だ。メサとは、スペイン語で「テーブル」を意味する。
 もともとホピ族は、メサの麓に住んでいたが、他の部族との戦いを避けるために、不便なメサの上に住居を移したといわれている。
 私は24年前からアリゾナ州セドナで暮らしはじめ、ホピ族の人々と交流を重ねてきた。本稿に登場するルーベン・サウスキーは私の友人であり、ホピ族の教えを世界中に伝える「メッセンジャー」という役割を務めている。これまで日本にも14 回訪れ、広島や富士山などで平和を祈り、人々と交流してきた。

画像15

ホピ族のメッセンジャー、ルーベン・サウスキー氏。

 そんなルーベンが、あるとき真剣な表情で私にいった。
「NANA、頼みがある。預言の岩のメッセージをみんなに伝えてくれないか。その時がきた」
 私は驚いた。
 最初に「預言の岩」を見たのは今から20年以上前だが、当時はホピ族の村も儀式も、そして預言の岩も、撮影が禁止されていた。
 2〜3年前からは、岩絵のメッセージを伝えるために、直接会った人だけに見せるならば撮影してもよいということになった。ところが今回は、「写真をインターネットにアップしてもいい、今の地球は待ったなしの状態だから、岩絵のメッセージを広く伝えなければいけない」というのだ。

画像13

ホピ族に伝わる教えが刻まれた「預言の岩」。人工物がいっさいないエリアにある。

この続きをみるには

この続き: 5,292文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。