複雑なEXPOグッズ・キーホルダー 古代宇宙人”シャコちゃん”の謎を追う!/山下メロ・平成UMAみやげ
見出し画像

複雑なEXPOグッズ・キーホルダー 古代宇宙人”シャコちゃん”の謎を追う!/山下メロ・平成UMAみやげ

遮光器土偶は平成初期に重要なキャラとして君臨していたーー!
バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

遮光器土偶の「シャコちゃん」

 古代宇宙飛行士説において重要な、縄文時代の遮光器土偶。
 前回は、その遮光器土偶が、いかに平成レトロの時代に子ども向けキャラクターだったかを説明しました。

画像1

筆者の友人が、娘さんの結婚式で新郎新婦から両親への贈り物としてもらった50cmくらいある遮光器土偶。

 具体的に平成初期における遮光器土偶の例としては、平成元年(1989年)のドラえもん映画『のび太の日本誕生』の敵・ツチダマや、平成2年(1990年)発売のRPGファミコンソフト『ドラゴンクエストIV』のミステリードールなどのモンスターがあります。
 そして平成3年(1991年)、ふるさと創生事業による交付金で青森県つがる市・五能線木造駅駅舎の改修が行われました。

画像2

右下の足があったはずの部分で両手を挙げているのが筆者。なんと前回の記事が配信された、ちょうどその日に、たまたまこの場所に来ていたのです。

画像3

列車が到着すると目が光るという仕組みについて事前に知っていましたが
昼でもしっかり光っているのを確認できました。

 さて、地元の人に「シャコちゃん」と呼ばれているこの駅舎……このシャコちゃんの名称の元となったと思われるのが、前回お見せしたようなファンシー絵みやげキーホルダーです。

画像4

 いわゆる80年代から90年代に子ども向けに作られた観光地みやげ=ファンシー絵みやげっぽいのですが……
 結論から言うとここに描かれている宇宙人っぽいアンテナが生えた空飛ぶ遮光器土偶。
 これがまさに「シャコちゃん」なのです。

画像5

こちらにはシャコちゃんと書かれています。

青函博の中の、函館EXPOと青森EXPO

 ちなみに前回紹介した空飛ぶシャコちゃんのキーホルダーはこちらです。

画像6

 この中には青森EXPO88の文字と、SEIKAN EXPOの文字。
 お分かりの通り、EXPO=博覧会のキーホルダーで、まさに1988年という地方博が多かった時代。
 確かに博覧会の名称は色々あってややこしいものです。
 たとえば1985年の通称「つくば万博」は、「つくばエキスポ」「つくば85」「科学博覧会」など色々な名称・略称・愛称で呼ばれたものです。
 しかしそんな中でも今回は、さらにややこしいです。

この続きをみるには

この続き: 1,085文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。