見出し画像

神による創造と進化論の融合=”有神的進化論”という情熱/宇佐和通・新ID理論

世界の創造と生物の進化は、聖書の「創世記」に基づいて考えるべきだーー。”科学的”には冷ややかな視線を浴びる創造論だが、その最前線では”科学”と”神”を共存させる試行錯誤が育まれている。創造論を追うシリーズ第3回!

文=宇佐和通

第1回 第2回

神が作った”オリジン”と進化のメカニズム

 創造論の枠組みの構造は複雑で、一種類の色合いでは決して説明できないことを前回までに示した。話はここからさらなる方向に伸びていく。今回は、有神的進化論という考え方について詳しく見ていくことにする。
 
 基本の部分だけを見るなら、有神進化論は前回触れたOEC(Old Earth creationism=古い地球説)の一形態としてとらえるのが正しい。ただ、その定義はさらに複雑化する。

ーー進化は起きたが、それは神が計画し、導いた過程である。
ーーそして神が森羅万象を計画し、創出した過程においては、他の影響が作用できる余地は一切なかった。

 このような有神的進化論では、進化論がヒステリックに否定されることはない。むしろ進んで認め、盛り込み、互換性がある要素としてとらえているのが事実だ。

画像1

創造の1日目。神によって天と地とが創られた。

 有神進化論において進化の出発点にあるのは、神によって創り出された”地球生命の共通の祖先”として存在していた生命体だ。仮に“オリジン”と呼ぶことにしよう。人類を含め、地球のすべての動物はこのオリジンから進化を遂げた。神はその後、大きな創造の構図の一部として、間接的に関わりながら地球生物の進化の過程を見守っていった。そして神は、一番大きな関与をする。最初の人間にを与えたのだ。

 有神的進化論者たちのコンセンサスは、強調されるべきは“創世記”の全体的なメッセージであり、一つひとつの言葉を意味通りに受け取るべきではないという考え方だ。

この続きをみるには

この続き: 6,643文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。