UFOか宇宙生物か!? ”かっと石”には手を出すな!/黒史郎・妖怪補遺々々
見出し画像

UFOか宇宙生物か!? ”かっと石”には手を出すな!/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 【そうはちぼん】に続く〝宇宙3部作〟の第二弾! 〝UFO感のある〟【かっと石】と黄金の鶏の伝承から補遺々々します。

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

石が、開いて閉まる

 前回は石川県の羽咋周辺に伝わる【そうはちぼん】をご紹介いたしました。近年、UFOではないかと話題になった怪火です。怪火は正体不明の火。それが飛んでいるところを目撃されていたのならば、未確認飛行物体――UFOという認識で間違ってはいないでしょう。

 石川県には【そうはちぼん】の他にも、UFO感のある伝説があります。鹿島郡熊木の二の谷にあった【かっと石】など、まさに「地球外から来た乗り物」といってよいでしょう。これは高さ1丈、幅7尺ばかりの巨石で、実に奇妙ないい伝えがあるのです。

 その昔、清三郎というお爺さんがおりました。この清三郎のもとに毎夜、神様から次のようなお告げがありました。
「二の谷の、かっと石までひとりでこい」
 二の谷は山の奥。お年寄りひとりで真夜中に行くのは、たいへん心細いです。しかし、神様から「ひとりでこい」といわれていますので、だれかを誘うわけにもいきません。
 しかたがなく、マサカリを持って、ひとりで向かいます。
 二の谷へやってきた清三郎。山を分け入って、【かっと石】を見つけます。近づこうとしますと突然、石から黄金の鶏が飛びだしました。石の上に飛び立って、ケケッコと鳴きます。
 すると、「カッ」と音がし、石は閉じてしまったそうです。

黄金の鶏のような乗り物

この続きをみるには

この続き: 2,881文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年11月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。