<年末特集>ムーPLUS記事で振り返る2020年の不思議な話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

<年末特集>ムーPLUS記事で振り返る2020年の不思議な話

世間の流行とは関係なくUFOや古史古伝を語っているムーですが、折々に時事に絡んではいるはず。というわけで自己確認をしました。日常の中にこそ、謎がある!

1月 ムーPLUSリニューアル

時事でなく自分事。2020年1月9日にムー公式サイト「ムーPLUS」がnoteへ引っ越ししています。有料マガジンの仕組みが便利だし、「読み物」に親しむ層との接触を求めて……。一年前が懐かしい。

実際は2019年の記事ですが、「アメリカ政府がUFOを公認」の話題は2020年を通じたトピックになりました。

ネット都市伝説を題材にした映画「犬鳴村」がヒット。取材現場で清水監督が吉田悠軌さんに次回作のテーマについて話してたな……。


2月 新型コロナウイルスとノストラダムス

新型コロナウイルスの蔓延を受けて、「ノストラダムスの大予言」を絡めた速報記事が話題に。アクセス数……すごかった……(いまもすごい)。


3月 アマビエと聖火リレーと高輪

「アマビエはダイヤモンド・プリンセス号だった!」記事も、多様なリアクションをいただいた記事。ムーらしい記事ですね。

オリンピック・パラリンピックはどうなるのか…という時期に始まった聖火リレー。タイミングをあわせて過去記事を再録しました。「幻の五輪」が再来してしまう(?)のか。

JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」は名称の段階で話題沸騰。大木戸エリアの怪談を調査しました。


4月 としまえんと五輪延期

閉園が発表された豊島園で語られる怪談を調査。オカルト探偵の時事対応!

ステイホーム、リモート会議が普及してきて、各社がZoom用背景画像を配布開始した時期です。ムーも4枚、配信しましたが、増やしていってもよかったですね。

延期になってしまった東京五輪2020。本誌の過去記事をちょっと修正して掲載。


5月 やっぱりコロナと、5G

悪魔のような新型コロナウイルス……という形容はよくあれど、文字通りにやってるアフリカのペンテコステ派(の一部)。

都市伝説で定着した「HAARP」を踏まえて、5Gネットワークに視点を移すと……という予測的陰謀論。5G、始まってるエリアもありますね。

noteのお題企画「#私の不思議体験」に絡んでいました。優秀作が多くて選ぶのに悩みました。


6月 仙台UFOと、ふなっしーの衝撃

忘れそうになっていますが、仙台に謎の気球が飛来して騒動に。結局なんだったんだあれは?

妖精そのものへのインタビューは長いムーの歴史でも初めてのことでした。


7月 宝くじときさらぎ駅

宝くじ必勝法はムーの定番記事のひとつ。吉日吉時、吉方位をさまよう宝探し。

テレビ番組で「きさらぎ駅」が話題に。なぜ今? と思うものの、「犬鳴」からの流れだったか。

記事は時事ではないんですけど、日本遺産の話題を受けて再録。


8月 事故物件とUFOの映画

映画「事故物件」が大ヒット。亀梨和也さんと松原タニシさんの対談を記事にしました。

映画といえばUFOヒューマンドキュメンタリーの「GATE」も制作中・映画公開・DVD/BDまで作中のストーリーが続いていく、まさにドキュメンタリーでした。


9月 ブラックホール、五島勉、ネット消滅

掲載時は時事っぽくなかったんですけど、先日に「Googleが45分とまる」際に、この記事を思い出しました。

10月に「ブラックホール」の研究でノーベル物理学賞受賞が決定(英国のペンローズ、ドイツのゲンツェル、米国のゲッズの3人)ということ話題を先取りしたようなアーカイブ記事。

6月の仙台UFOはなんだったのか。場所の特性にも及ぶ見解はさすが並木伸一郎先生です。

7月に逝去された予言研究家、ノンフィクション作家の五島勉氏。「昭和こどもオカルト」の初見健一さんに3回にわたって追悼記事を書いていただきました。


10月 悪疫除け特集総決算!

アマビエはじめ悪疫除けもさかんに語られた2020年。ムーでは蘇民将来から牛頭天王を経由してモーセの秘儀にいたる総力特集を展開。飛鳥・三神が突っ走る!

超常現象の映画が2本同時に公開という珍事が!

そして「ナゾのタネ」問題。


11月 ウイルス進化論とUFO戦争、そしてヒバゴン

ヒバゴン50周年ということでテレビで特集番組が放送。「平成UMAみやげ」んも山下メロさん、案の定、もってましたよヒバゴングッズ。

UFOを認めたアメリカで宇宙軍創設。そして日本では宇宙作戦隊が新編。どう考えても連動しています。

ウイルスやワクチンの陰謀論も多々ありましたが、そうではなく「ウイルス進化論」から、ウイルスと生命の関係を解く。


12月 鮫島事件、モノリス出現、そして災厄の予言

ネット都市伝説「鮫島事件」が映画に。

ブームとなったモノリス出現。ともあれ最初の1本は謎ですね。

このあと、大きさの異なる影も捉えられたとか。2体いるのか?

そして、不安は2021年に持ち越し……です。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。