見出し画像

超古代の記憶がシンクロ! 啓典「オアスペ」と古史古伝「竹内文書」の謎/布施泰和

かつて日本は地球文明の中心であり、神々は天空浮船(あめのうきぶね)に乗って世界を巡幸していた!そんな超古代史が記された奇書が19世紀後半、奇しくもアメリカと日本で同時発生的に出現した。その背景にはいったい、何があったのか? 

文=布施泰和

同時期に世に現れた日米ふたつの奇書

 1880年春のある朝、アメリカの歯科医ジョン・ニューブローは、突然天からの光が彼の手に当たり、自然に手が動きだした。そして、タイプライターで15分間、文字盤を叩きつづけるという現象が始まった。それは天使の啓示による自動書記であった。彼はその際、自分が書いたものを読まないように天使から指示されたという。
 その現象は、その日から50週間にわたって毎日続き、やがて後に『オアス
ペ』と呼ばれる原稿の全文が完成した。そして改めて原稿を読むと、そこには創造主ジェホヴィの教えや、地球創成の歴史、それに約8万年の人類の歴史が書かれていたのだ。
 ニューブローはそれをまとめて1882年に『オアスペ』として出版する。
 ちなみにこの書名は、「オ(空)・ア(地)・スペ(霊)」を意味しているのだという。

画像1

『オアスペ』で描かれた、世界の創造主ジェホヴィのシンボルとされるマーク。

画像16

『オアスペ全訳第1~3巻』(ジョン・ニューブロー:自動書記/秋山眞人+布施泰和:監修/福永裕史:翻訳/ヒカルランド)
1880年に突然、天使からの啓示を受けたアメリカの歯科医ジョン・ニューブローが自動書記で書きおろした神秘の歴史書!  それは創造主ジェホヴィ(ヤーウェイ)および天使の御遣いの言葉とされる、新たなる『聖書』であり、同時に「もうひとつの『竹内文書』」でもあった。

この続きをみるには

この続き: 6,556文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。