見出し画像

ネイティブ・アメリカンの聖なる叡知「メディスン・ホイール」活用術/エリコ・ロウ

ムーPLUS

大地に石を置いて描かれるメディスン・ホイールは、はるか5000年以上前から、アメリカ先住民の儀式の場であり、暦であり、叡智を得るツールだった。現代のアメリカでは、その手法が教育や研修の場でも活用されているという。
その具体的なノウハウを、長年にわたってアメリカ先住民の叡智を取材・実践してきたジャーナリストにしてバイオ・エネルギー・トレーナーのエリコ・ロウ氏が伝授する。

文=エリコ・ロウ イラストレーション=Alan Rowe

人生の羅針盤

 アメリカ先住民の伝統社会には、自然や精神世界のスピリットとのつながりを失わず、人生をより有意義に生きるための教えが豊富です。
 そのなかでも最古の教えのひとつとされるのがメディスン・ホイールです。はじまりも終わりもないホイール(輪)が描く円は、私たちの存在を可能にしてくれるすべての要素がかかわりあい、調和している世界の象徴。そのさまざまな要素をメディスンとするツールです。
 アメリカ先住民にとってメディスンとは、たんなる薬や医療のことではなく、生き方そのものを示す言葉。メディスン・ホイールは、個人と社会の健康に役立つ処方箋が詰まった人生の羅針盤なのです。

画像1

北米に150以上ある「メディスン・ホイール」

この続きをみるには

この続き: 6,089文字 / 画像8枚

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年11月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!