実録!「本物のサンタクロースに会った」人たち/安東ヒロシ・特集アーカイブ
見出し画像

実録!「本物のサンタクロースに会った」人たち/安東ヒロシ・特集アーカイブ

「私はサンタクロースを見たことがある」
ある女性のひと言をきっかけに、情報収集を始めたところ、なんと、さまざまな目撃談と出会うこととなった。まずは、日本でサンタクロースに会った人たちの話をご紹介しよう。
(ムー 2013年1月号掲載)

文=安東ヒロシ

真夜中、襖を開けて入ってきたサンタ

 神奈川県湘南市T・Mさん 40代

 今から三十数年前の小学校低学年のときの、東京都大田区の実家での出来事です。ある年の12月24日のクリスマスイブの夜、母、父、私、兄の順で川の字で寝ていました。
 私はふと目を覚ましたのです。すると頭のほうにある廊下側の襖が開き、だれかが入ってきました。それはなんとサンタクロースだったのです。
 身長の高い、体の大きな外国人のおじいさんでした。周りに白い縁取りのある丈の長い赤いコートを着て、背中に長く垂れ下がった赤い帽子をかぶっています。そして白い立派なひげを生やした顔は、やさしく笑っていました。
 私はとっさに「見ちゃいけない!」と感じ、布団をかぶったのです。そして「わーっ、サンタクロースのおじさんが来てくれたんだ!」と、布団の中でうれしさと興奮の混った気持ちで、ちぢこまって震えていました。
 しばらくたってから、「何かプレゼント置いていってくれたかな……?」と少し布団をずらし、目だけを出して見ました。すると彼が後ろを向いて帰ってゆくところでした。
 前かがみの姿勢で肩がとても大きく、でっぷりと太った後姿は、丸くて暖かい印象でした。手には白い袋が握られています。そして襖を閉めると、廊下をトントンと足音をさせながら、ゆっくりと歩いて外に出てゆきました。
 私はあらためて「わっー、来たんだ!」と興奮気味に枕元を見ると、プレゼントが置かれていました。また家族を確認したところ全員が寝ていたので、家族のだれかがサンタの扮装をしたとも考えられませんでした。それから興奮しながら寝たのです。
 翌朝、目を覚ますとすぐに、プレゼントを開けて見たのは憶えています。しかし残念ながら、今ではどんなものだったか憶えていません。当時私が住んでいたあたりには、あまり外国人は住んでおらず、近所の外国人が扮したとは考えにくいのです。
 それから私は結婚して湘南に住むようになり、自宅でヒーリングの仕事をはじめました。すると、数年前からヒーリングの最中にあのときのサンタクロースが現れるようになったのです。彼は後ろから私の体を包むようにそばにいてくれ、暖かい幸せな気持ちに包まれます。どうやら私の仕事を手伝ってくれているようです。私はこれからも彼との交流を続けていきたいと思っています。

画像1


トナカイの引くソリがオリオン座を横切った!

 東京都 Iさん 20代

この続きをみるには

この続き: 3,295文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2020年12月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。