日本のストーンサークル巡礼 古代人が巨石に込めた聖なる祈り/須田郡司
見出し画像

日本のストーンサークル巡礼 古代人が巨石に込めた聖なる祈り/須田郡司

日本列島各地で見ることができる、環状列石=ストーンサークル。
古代の人々はそこで何を祈り、何を目撃したのか。夢と祭祀の現場を、改めて振り返る。

文=須田郡司

地鎮山環状列石 縄文時代後期の個人の墓か?

北海道小樽市忍路:縄文時代後期

スクリーンショット (25)

画像5

 地鎮山(じちんやま)環状列石は、忍路(おしょろ)環状列石(写真下)の西、地鎮山(標高50メートル)の山頂に位置する。その姿は楕円形で、12個の大石が10メートル×8メートルの規模に配置されている。昭和24(1949)年に行われた発掘調査では、中央よりやや南寄りに円形の集石(小さな円石を集めたもの)が見られ、その地下部分から2メートル四方、深さ1メートルほどの穴が発見されている。縄文時代後期の墓の一種と考えられているが、穴が1個しか発見されなかったことから、集団の墓ではなく個人の墓としての性格を持つものとされている。

西崎山環状列石 小さな墓穴が密集して大サークルに

北海道余市町栄町:縄文時代後期

この続きをみるには

この続き: 3,646文字 / 画像15枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。