お墓参りのたびによくないことが…/あなたの怪奇ミステリー体験
見出し画像

お墓参りのたびによくないことが…/あなたの怪奇ミステリー体験

読者投稿
イラストレーション=不二本蒼生

お墓参りのたびに

◆工藤幸子/和歌山県岩出市(59歳)

 わが家のお墓は、自宅から徒歩で10分ほど行ったところのお寺にあります。お墓参りには、諸事情で10年以上、ほとんど私がひとりで行っています。
 二十数年前、祖母が病死したのを機に、先祖代々からのお墓を新しくしました。以来、お盆やお彼岸にはもちろん、祖父母や父の命日など年に何度もお参りしています。
 ところが、そうしたお墓参りの後、なぜかいつもよくないことが起きるのです。
 お墓参りに行った翌日、突然、電化製品が壊れてしまったことが何度もありました。それも何年も使った古いものだけでなく、まだ買って間もない新しいものまでがいくつも壊れました。
 お墓参りの翌日、雨の降る中を原付バイクで走っていたら、いきなりエンジンが止まり、動かなくなったこともあります。そのときは雨に濡れながら1時間以上もバイクを押して帰宅したものです。
 ふつうなら、とうていありえないような状況で火傷をしたことや、歩いていていきなり藪やぶから飛びだしてきた蜂に刺されたこともありました。それもやはりお墓参りに行った翌日のことです。
 翌日の出来事ばかりでなく、お墓参りの帰りにたまたま寄ったスーパーのレジで、機械の不具合による支払いトラブルに巻きこまれたことが、何と2度もありました。それも同じ店ではなく、まったく別の日の別々の店での出来事です。
 台所にいるとき、お皿や卵が、私が放りなげたわけでもなく、手が滑ったというわけでもないのに、私の手からまるで飛びたつように真上に飛んで落下して割れる、などというどうにも理解不能なことも何度か体験しました。これらもお墓参りに行った日のことでした。

この続きをみるには

この続き: 5,238文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。