見出し画像

話せば死ぬぞーーまさかりが淵のお姫様/黒史郎の妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 今回は、妖怪・怪異スポット「まさかりヶ淵」へ潜入。約束を破った者の末路の伝承から補遺々々します。

文・写真=黒史郎 #妖怪補遺々々

言うなよ! 絶対言うなよ!

「だれにもいってはいけないよ」ーーこの約束、皆さんはちゃんと守れますか?

 言ってはいけないことほど、なぜか人に話したくなります。秘密というものは隠そうと袋の中にしまい込んだ時点で、いつかは外へ漏れるようにできているのかもしれません。

 でももし、刃物や銃口を喉元に押しつけられ、「言えば命はない」と脅されたらどうでしょうか? その秘密を守れますか?

 小泉八雲『怪談』の雪女の話は、あまりにも有名な「秘密を守れなかった」怪談です。
「今夜あったことを話せば殺す」と雪女からしっかり釘を刺された主人公は、あろうことか雪女本人に口をすべらせてしまい、その結果、さらに太い釘を刺されたうえに美しい妻までも失ってしまいます。
「ホントなにやってんだよ……」と思わずため息が出ますが、生かしてもらっただけでも儲けものなのかもしれません。

 昔話の主人公の中には、絶対厳守の約束事を破ってしまったがため、最悪の結末を迎えた者も少なくありません。

言ったら死ぬぞ

 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町に【まさかりヶ淵】という滝があります。この滝には昔、大蛇が棲んでおりました。

この続きをみるには

この続き: 1,900文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。