見出し画像

ネパールのイエティ事情を現地調査! 国民的UMAの”リアル”を体験/私の思い出・登山正文

〝現存する唯一のアドベンチャーロックバンド〟として活躍する「私の思い出」。彼らは昨年11月、現地からの招待を受けネパールで”キャンプ”を決行し、大成功をおさめた! このライブの裏で、私の思い出のリーダーにしてムー民である登山正文氏は、ネパールのイエティ事情を調査していた。ここに現地で得られたイエティ情報の一部を報告をする!

談=登山正文
構成=こざきゆう

画像1

登山正文(のぼりやままさふみ)●アドベンチャーロックバンド「私の思い出」のリーダー、ボーカル。アウトドアや冒険を楽曲のテーマとし、関西圏を中心に全国でキャンプ(と呼ばれるライブ形式の集会)を行っている。昨年、ムー9月号「ムー民ユニバース」登場を機にムー民へ次元上昇した。

イエティに導かれるようにネパールへ

「私の思い出」は、2019年11月、ネパールのカトマンズと、リゾート地ポカラでキャンプ(と呼ばれるライブ形式の集会)を行ないました。日本人バンドではゴダイゴさんも1980年にライブを行っていますが、なぜ今回「私の思い出」がネパールへ行ったのか、疑問でしょう? それは、イエティの導きだったのかもしれません。

 かいつまんで説明しますと……
 2年前にネパールの教育機関にも深く関わるご夫婦から突然、「ネパールでライブをやらないか?」と誘われたのです。「私の思い出」は冒険家の衣装をまとい、楽曲は山登りやキャンプをテーマにしたもの。しかもわれわれの『雪山大宴会』という曲には〝獣人イエティ〟まで出てくる。まさにネパールとイメージが一致するシンクロニシティが起きたのです。
 さらに、ネパールの私立校では、「私の思い出」の楽曲やMV映像を、日本語の教材に使っていただいてたんです。
 こうした背景のもと、一部では「イエティのことを歌っている日本人がいる」と広まり、とうとうネパールでの”キャンプ”が現実のものとなったんです。

画像2

画像3

私立校の広場で行われたカトマンズの”キャンプ”。私の思い出の楽曲で日本語を学んでいたこともあり、1500人もの学生が大興奮、失神者も出たという。

画像4

ネパール第二の都市ポカラでも”キャンプ”。ヒマラヤが見える湖畔のリゾートホテルのテラスで行われた。

イエティはオフィシャルな存在

 ーーさて。
 イエティに導かれるように訪れたネパールでしたが、われわれにとって衝撃だったのは、イエティがいかがわしいもの、疑わしいものではなく、かなりオフィシャルな存在だったことです。
 例えば、僕が現地で移動に使った、ネパールの飛行機の国内線。その名はイエティエアライン

画像7

イエティエアラインのカウンター。ロゴにはイエティの足跡。イエティといえば姿の目撃より足跡で存在が示唆されることが多いだけに意味深だ。

画像6

ネパールの国内線のひとつ、イエティエアラインのプロペラ機。

 イエティエアラインでは、空港ショップで販売されているグッズも社名のとおり、イエティ推しでした。

画像8

 イエティをあしらったTシャツは既存の絵を流用したようなものでなく、きちんとデザインされている。カトマンズ、ポカラの空港で売っていたものは1枚2000円くらいですが、ネパールの警察官の1か月の給料が日本円の3万円ほど。物価だけで考えれば、現地ではハイブランドともいえる、かなりの高額商品です。ただ、現地で着ている人を見かけなかったので、外国人観光客向けかもしれませんが……。
 街中でもやたらとイエティTシャツを売っていましたが、それは安かったですね。いずれにしてもすごい浸透ぶりです。

画像9

「イエティ調査隊」のデザイン。

画像10

ヒラマヤの稜線にイエティの横顔!

 また、今回購入はしなかったのですが、室内履きに、ふわふわのスリッパがありまして……もちろんイエティの足をかたどったものなんですよね。わざわざ「ゆるキャラ」的なものを作っているということを考えても、イエティは、自分がもともと思っていた以上にネパールに根付いているといえそうです。

イエティの足は逆向き

 また、現地の人に少し聞いただけでも、数々の伝承がありました。ネパール語を堪能に話せるわけではないので、深いやりとりはできませんでしたが、それでも実に興味深い話でした。

 例えば、現地でイエティに遭遇したときの、こんな伝承です。

 ネパールの雪山で、イエティと対峙するとその瞬間、人間のように思えるが、そのときは「足元を見る」そうです。イエティの足首は、人間とは逆の方向、後ろを向いているのでわかるのです。したがって、雪山でイエティの足跡を見つけた場合、足跡の進行方向とは逆に行けば逃げられる、とも。
 実はこれは、ムー編集部の人から教えてもらったのですが、東南アジアの幽霊のなかにも足の向きが逆になっている者がいるとか、ブータンの雪男も同じく足が逆向きだそうで、興味深いですね。

 また、イエティのメスを「バナキ」と呼ぶらしいんです。イエティ=雪男ならば、バナキ=雪女ですね。ただ、この話を聞いてから、自分でもネットで調べてみたのですが、バナキの情報は出てこなくて、いったい なにがなにやら。そのバナキに雪山で出会った場合、山の上に逃げてはいけないそうなんです。
 なぜかというと、その理由が面白い。
 バナキの乳房は、ドリフターズのコントのお婆さんみたいに、細長くてぶらんと垂れ下がっているんです。もし、遭遇した人間が上に逃げたら、乳を上に向けて追いかけてくる。ところが、人間が下に逃げたら、下向きの乳が揺れすぎて上手く走れない。だから逃げ切ることができるのだそうです。まぁ、下に向かって走るときも乳を上に向ければいいのに……とは思うんですけどね(笑)

イエティが「実在」する場所

 ほかにも、僕が直接聞いた話ではないけど、ネパールの国立博物館には、「イエティの毛」というものが展示されているそうです。「本物ですか?」と聞くと、現地の人は、暗い、秘密めいた目をするのだとか。

 ネパールの人はイエティを見たことがなかったとしても「絶対にいる」という感覚のようです。日本でいうカッパのような存在に似ているかもしれません。ただ、イエティを必死に捜したとか、見つけました、なんて話は、自分が聞いたかぎりではありませんでした。実在して当然だから、探すまでもないというか、畏怖の対象、神聖なものなのかもしれませんね。

 これからも「私の思い出」はネパールに行きます。今回、ネパールではイエティが身近な存在ということも確信しましたので、われわれが今後もまめに現地で調査しますので、「ムー」ネパール調査班として、また報告いたします。

画像5



★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。