見出し画像

ツチノコ捜索を産んだ釣りブームと人気漫画/昭和こどもオカルト回顧録

昭和の時代、少年少女がどっぷり浸かった怪しげなあれこれを、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想する。
今回は珍しく大ネタの「ツチノコ」ブームの勃興と衰退を当時のこども目線で回想します。始まりは、釣り文化!

文=初見健一

子どもたちに愛されたUMA

 流行しては消えていった70年代昭和こどもオカルトのアレコレのなかで、ブーム化することはなかったがボンヤリとみんなが話題にしていた……といった記録に残りにくい小ネタを記憶の隙間から引っぱりだしてみる、というのが本コラムの一応の趣旨なのだが、今回は異例の大ネタである

 70年代半ばから後半にかけて、大人も子どもも夢中になった「ツチノコ」を取りあげてみたいのだ。
 といっても、この日本を代表するUMAの基本情報についてはネット上にもあふれているし、僕も本や雑誌に何度か書いてしまっているので、今回は主に子ども文化におけるブームの推移といったことに焦点をあててみたい。現在、多くのメディアでは「1974前後に勃発したツチノコブーム」などと語られることが多いのだが、僕ら世代が体感した80年前後の「第2次ブーム」の熱気もけっこうスゴかったゾ……といったあたりのことを回顧したいのである。

「ツチノコ」は、僕ら世代の小学生たちの多くが本気で捕獲を試みたことのある唯一のUMAである。これは「ツチノコ」ならではの特性であり、日本中であれほどの大ブームが起こった要因もここにある。

 昭和の時代に流行したUMAの多くはたいてい厳密に「地域限定」であり、ほとんどの場合、その棲息地は絶望的なほど遠方だ。オカルトブーム全盛期とはいえ、どんなボンクラ小学生でも「ネッシーや雪男をつかまえにいこう!」などと言いだすバカはいなかったし(石原慎太郎は言いだして、しかも本当に行ったが)、国内産UMAにしても、「イッシー」やら「クッシー」やら「ヒバゴン」やらに対してなんらかの主体的行動を起こせる子どもは、基本的には「ご当地」の子だけだ。
 結局のところ、UMAがどれほどブームになろうとも、それは「遠くのどこかにいるらしい」という逸話=情報として楽しむほか、楽しみようがないのである。

 が、「ツチノコ」だけは違っていた。

 なにしろ当時の子ども向けオカルト本の多くは、多数の目撃例がある場所に印をつけた日本地図などを示しながら、「ツチノコは日本のいたるところに棲息している!」などと断言していたのだ。しかも、特に東京っ子の僕らが興奮できたのは、多くの本で「首都圏にも目撃例は多く、特に多摩川沿いはツチノコ多発地帯!」などと書かれていたからなのである。
「ツチノコ」は僕らのすぐそばにいるのだ! 僕を含め、多くの子どもたちがそう信じた。信じることができたのだ。

 これは単に棲息地が身近だったというだけの問題だけではない。「ツチノコ」の特別なリアリティは、あのデザイン(?)によるところも大きいのだ。一種妖怪じみた異形の姿でありながら、しかし「この程度の生物なら実在するかも……」と思えてしまう。異様だが、異様すぎない。その非現実感のサジ加減が絶妙なのである。

 これらの条件を満たしているからこそ、「ツチノコ」は子どもたちが「つかまえに行こうぜ!」と真顔で言える唯一のUMAになり得たのである。「会いにいけるアイドル」ならぬ、「つかまえにいけるUMA」なのだ。もちろん決してつかまえられることはないのだが、少なくとも「ツチノコ捕獲ごっこ」という「遊び」に、当時の子どもたちは本気で夢中になることができたのである。こんなUMAはほかにはない(いや、もうひとつ「ケセランパサラン」という非常に特異な植物系UMAが存在してはいるが……)。

画像1

「ムー」2010年9月号掲載記事「ツチノコサミット2010開催」より。70年代から現在にいたるまで「幻の怪蛇」として君臨し続ける「ツチノコ」。その姿や習性など、語り継がれる基本情報は我々の子ども時代からまったく変わっていない。

「ツチノコ」大ブームまでの経緯

 では、70年代の「ツチノコ」の大ブームがどのように勃発したのか、ザッと確認してみよう。

 源流がどこにあるのかということに関しては諸説あり、すでに『古事記』や『日本書紀』に記述があるとか、さらには縄文時代の土器の意匠に用いられていたといった説まであるのだが、「ツチノコ」に関する歴史的文献として頻繁に引用されるのは、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』である。この事典の記事は70年代のブームのときから各種オカルト本などにさんざん転載されているので、僕ら世代は何度も目にしていることと思う。

 この本では「え? これがツチノコ?」という感じの姿が描かれているが、江戸時代にはほかにも「ツチノコ」に関する絵や文章が残されており、なかには我々がイメージする「ツチノコ」にピッタリと合致するものもある。少なくとも江戸時代には「野鎚蛇」などの名称で一部好事家たちの間で語られていたことは間違いないようだ。

 これが一気に広く認知されてブーム化する引き金になったのは、『和漢三才図会』から数えれば実に260年後、田辺聖子が1972年に朝日新聞夕刊に連載しはじめた小説『すべってころんで』である。「ツチノコ」探しにウツツを抜かす無責任かつ夢見がちな男と、彼にふりまわされたり、あきれ果てたりする家族の団地生活を描くコメディ調家庭劇といった内容で、翌年にはNHKでドラマ化される。小説もドラマもかなり好評だったようで、この作品によって従来は一部のモノ好きにしか知られていなかった「ツチノコ」は、突如「大衆化」され、まさに日本中の誰もが知るものとなった

『すべってころんで』(田辺聖子・著/中公文庫/1978年)。1972年に朝日新聞夕刊に連載開始、翌年に朝日新聞社より単行本が刊行された。「ツチノコ探索」に夢中になる男と、その家族のトラブル続発の団地生活をユーモラスに描く。

 つまり「ツチノコ」ブームのトリガーを引いたのは田辺聖子ということになるのだが、そう単純に断定できない背景がある。『すべってころんで』の主人公のモデルとなったのは随筆家で釣り研究家の山本素石。この山本氏は、『すべってころんで』の「無責任かつ夢見がちな男」同様、60年代から「ツチノコ探し」に夢中になっていた、いわば「ツチノコ」の第一人者ともいえる人物だ。彼が1962年に雑誌『釣りの友』に発表した「ツチノコ」に関する随筆によって、すでに一部の釣り愛好家の間では局所的な「ツチノコブーム」が起きている。何人もの『釣りの友』読者が「オレもツチノコ探しの仲間に入れてくれ!」と山本氏のところに「頼みもしないのに押しかけてきた」とのことで、「ノータリンクラブ」と称する釣り愛好家団体兼「ツチノコ探検隊」が結成されているのだ。

 要するに70年代「ツチノコ」ブームは、世間の動向とはかかわりなく、誰も関心を抱いていないころから「ツチノコ」を探し続けていた山本素石と、彼をモデルに傑作ユーモア小説を書きあげた田辺聖子の二人三脚によってもたらされたもの、ということになるようだ。

 ちなみに山本素石は73年に『逃げろツチノコ』という「ツチノコ探索記」を発表している。山本氏にとって「ツチノコ探し」は、どちらかといえば厭世的でアマノジャク、世間から妙な目で見られながらも「幻の怪蛇」なんぞの存在を信じ続けてきた好事家たちの間だけの「密かな愉しみ」だった。ブームによって「ツチノコ」は超トレンドな話題となってしまい、メディアに煽られた人々がこぞって「ツチノコ探し」をはじめるようになると、山本氏自身はかなりシラケてしまったようだ。彼は『逃げろツチノコ』以降、このテーマからは身を引いている。

『逃げろツチノコ』(山本素石・著/山と渓谷社/2016年)。第一人者が自らの「ツチノコ探索」の顛末を描いたユーモラスなエッセイ。もともとは1973年に二見書房から刊行、長らく絶版状態だったが2016年に山と渓谷社より新版が発売された。

 とにもかくにも、熱狂的な「ツチノコブーム」は巻き起こった。だが、我々当時の小学生たちの心に火をつけたのは、決して『すべってころんで』ではない。僕もそんなドラマが大人たちの間で人気を博していたことなどリアルタイムではまったく知らなかったし、当時の子どもたちの多くは新聞の連載小説などはもちろん、NHKのホームドラマなどに関心などなかったはずだ。

 子ども文化において「ツチノコブーム」を起爆させたのは、同じく73年に矢口高雄が『少年マガジン』に連載した衝撃的なマンガ作品なのだが、ここから先の話は80年前後に盛りあがった第2次「ツチノコブーム」とも密接に絡んでくる。

「ツチノコ」ブームの過熱と衰退

この続きをみるには

この続き: 5,229文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。