インドのタール砂漠に世界最大級の地上絵を発見!/遠野そら
見出し画像

インドのタール砂漠に世界最大級の地上絵を発見!/遠野そら

インドの砂漠で、ナスカを超える巨大地上絵が発見されたとの一報が飛び込んできた。300メートル上空からでなければ視認できないというスケールの絵を、いったいだれが描いたのか? そしてその目的とは……?

文=遠野そら

最大級の巨大地形

画像1

タール砂漠に発見された巨大地上絵(画像=Matsyameena sanju)。

 インド北西部からパキスタン東部にかけて広がるタール砂漠で、巨大な地上絵が発見された。その大きさはナスカの地上絵を超えるともいわれており、人類が描いたものとしては、世界最大規模になるという。
 発見されたのは、インド北西部ラージャスターン州ボハ村からほど近い、荒涼とした砂漠地帯である。フランスで環境科学を研究しているカルロ・オストハイマーとヨハン・オストハイマー父子がグーグル・アースでタール砂漠を仮想調査していた際に偶然発見したそうだ。
 発見当初はただの溝かと思ったそうだが、さらに詳しく調べたところ、線には規則性があり、また周囲にも同じようなものが発見されたことから、タール砂漠での現地調査が行われることとなった。

この続きをみるには

この続き: 1,453文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。