ムー2021年2月号のカバーアート/zalartworks
見出し画像

ムー2021年2月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。

2021年2月号表紙

 今月の総力特集は出口王仁三郎や古神道について……ということで、メインにはアラハバキをイメージして龍神を描いてみました。
 アラハバキは龍神信仰の原初の神で、縄文時代の自然信仰の最高神として大自然と生命力を司るとも言われているそうです。そして古代からある山岳信仰も含めて、富士山を背景に描いてみました。
 色は豊かな自然=緑色、太陽=金色といったイメージで塗っています。


zalartworksさんのnoteはこちら。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。