見出し画像

月の裏側に巨大な基地があった! 月面ドーム状構造物の謎/遠野そら・MYSTERY PRESS

地球からは見えない「月の裏側」は、いまだ有人の到達がなされていない未知の世界だ。しかし、そこに大量の構造物が発見されたという……。
それは異星人による構造物なのか、某国が仕掛けた宇宙進出の前哨基地なのか?

文=遠野そら

月の裏側に謎の建築物を発見!

「月の裏側には異星人の基地がある」
いつの頃からかまことしやかに囁かれている噂だが、この噂に頷く政府関係者も少なくない。これまでも月の衛星画像などから月面を飛行するUFOや、月面に林立する人工建造物のようなものが数多く発見されているのはご存じの通りだろう。

 UFO研究家のスコット・ワリング氏は「異星人が存在していることは100%の事実であり、議論の余地もない」と主張する。ムー本誌でもおなじみの研究者だが、そのワリング氏が”月の裏側に宇宙人基地がある”ことを裏付ける決定的な証拠、としてある画像を公開したのだ。

画像1

 それは、NASAが撮影した月の裏側を映した画像である。
 正確に言えば月の表面と裏側の境目付近を撮影した画像だが、裏側といわれるエリアをよく見るとそこには数百、いや数千ともいえる謎の白いドーム状の構造物が写っているのだ。画像は裏側のごく一部しか写っていないが、まるで堤防や岩に貼りついている貝のように、“びっしり”と写っている。

 ワリング氏はこれこそが異星人の基地であると主張しており、構造物には金属製で人間の住居のように角度のあるものや、楕円形で窓がついているもの、そして平べったい黒い構造物の3種類があることを突き止めたという。そのうちの黒い構造物については最長が100キロを超えており、氏は超巨大な要塞ではないかと推測しているのだ。

 2019年1月、中国の無人探査機が人類で初めて月の裏側へ着陸したのは記憶に新しいだろう。火星への中継地として月面基地計画が進む中、各国の宇宙開発競争は日々激しさを増すばかりである。先日はデンマークの建築家が宇宙飛行士たちの月での居住拠点として、折り畳み式のモジュールを作成し、9月にはグリーンランド北部でテスト居住が始まるなど、月面基地計画は待ったなしで着々と進んでいる。

 ワリング氏が発見した構造物は異星人の月面基地なのか、はたまた世界に先駆け秘密裏にどこかの国が作った基地なのか? 地球からは見ることない月の裏側の謎は尽きない。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
28
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 274本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*