見出し画像

スナックのあさみさん/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。

選=吉田悠軌

スナックのあさみさん

山口県 33歳 山口美亜紀

 平成7年4月、私が8年間も勤めたスナックが閉店しました。お客もママさんも、みんなとてもいい人ばかりだったのですが……閉店の原因は実は幽霊でした。
 ママさんにはあさみさんという高校時代から親しくしている友人がいました。デパートに勤めていた彼女は、毎週月水金は早く帰れるということで、必ずお店に寄り、いつもカウンターの右端の席で水割りを1杯飲んで帰っていきました。ママさんと彼女はまるで双子のように仲がよくて、うらやましいほどでした。
 昨年の暮れ、そのあさみさんが胃痛で入院したとママさんに聞きました。私もお見舞いにいかなければと思っているうちに、あさみさんは亡くなってしまいました。実は癌(がん)だったそうで、入院したときは全身に転移していて、すでに手のつけられない状態だったというのです。
 ママさんのショックは相当なものでしたが、何日も店を閉めているわけにもいかず、彼女の葬儀の2日後には、営業を再開しました。
 その夜は、沈みがちなママさんを励ましながらお店を開ける準備をしていました。すると、なんと、あさみさんが、スーッとドアを通り抜けるようにして店に入ってきたのです。そしていつものように、カウンターの右端の席に座って私を見ています。私はその日が金曜日だったことを思いだしました。
 なぜか怖いとは思いませんでした。やはりママさんも喜んでいるようで、そのガラスに映ったように透き通って見える彼女の前に、水割りを差し出しました。
 でも、彼女はその水割りに口をつけることもなく、入ってきたときと同じようにスーッとドアの向こうに消えてしまいました。それからというもの、今までと同じように毎週月水金になると彼女がお店に通ってくるようになったのです。しかも、そんな彼女の姿はママさんと私だけでなく、店に来ただれもが見えているのです。
 私たちは彼女がかわいそうという気持ちのほうが強くて、あまり恐怖は感じませんでしたが、他のお客さんは違いました。幽霊が出るという噂はあっという間に広がり、しばらくするとお客がひとりも来ない日が何日も続くようになったのです。
 ママさんは苛立ち、やがて閉店に……。先日、街で偶然ママさんに会いました。その後を尋ねると、「うん、今はね、私の家のほうに来るの。引っ越そうかとも思ったけど、だめよね。きっと、どこに行っても来ると思う」
 私には、なんだかふたりがとてもかわいそうに思えてしかたがないのです。


(ムー実話怪談「恐」選集 選=吉田悠軌)

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
23
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。