見出し画像

化け物屋敷に飛来する怪火の奇譚/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」!
今回は〝宇宙3部作〟の最終回、七尾町の怪火と恐ろしい顔が出現した「化け物屋敷」伝承から、補遺々々します。

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

未確認発光物体

 空飛ぶ円盤、UFO――なのではないかと話題になった怪火【そうはちぼん】、「カッ」と音を立てて〝ハッチ〟が開くと光る鳥が飛びだす奇石【かっと石】など、解釈のしかたによってはSF的といえる描写のある伝説を前回、前々回とご紹介しました。

 その話だけを切りだして見ると、どこにでもある怪火譚や金鶏伝説なのかもしれませんが、「宇宙から到来したもの」として読み聞きしてみると、また違った印象の話になります。
 遥か遠い宇宙(そら)からの来訪者に思いを馳せながらお送りする〝3部作〟。
 最後にご紹介するのは「化け物屋敷」と題されている不思議なお話です。

化け物屋敷と怪火

 安永6年(1777年)の秋ごろのことです。
 石川県鹿島郡七尾町に大野某という、たいへん穏やかな性格の俳人が住んでおりました。
 その大野、新築の家を建てたのですが、この家には少々、問題がありました。
 怪火や化け物が出る――そのような物騒な噂があったのです。
 ある日の朝、隣の傘屋の亭主が大野を訪ねてきて、このようなことを話しました。

この続きをみるには

この続き: 1,570文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2020年12月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
4
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。