秋月朗芳UFO音楽top

「聴くUFO」特集 未確認飛行物体に関連する超常ミュージック10選/秋月朗芳

「UFO」を巡るスタンスは、信じるか疑うか、考えるか笑うか、受容するか無視するかの二択ではない。UFOは宇宙空間や地底、国家陰謀の中だけでなく、大衆文化にも入り込んで生きている。
「UFO手帖」編集長の秋月朗芳氏が、視聴覚で体験できるUFOーー「UFO音楽」の世界を案内する。

文=秋月朗芳
編集=高橋聖貴

これらの楽曲は実在するーーUFO音楽10選

「UFO」は、20世紀最大の謎のまま21世紀を迎えた。空飛ぶ円盤が生まれた日、つまり1947年6月24日に実業家のケネス・アーノルドがレーニア山上空を自家用機で飛行中に編隊で飛ぶ9機の未確認飛行物体を目撃した日から、すでに70年以上の月日が流れている。
 UFOに対して多くの人が望むのは、その謎が白日のもとに晒される日がくることだろう。しかし、たとえその日が永遠にこないとしても、すでにそれが我々の考え方や生活・文化に多大な影響を与えていることは間違いない。もう、それだけでも十分UFOは「実在している」と言ってもいいのではないだろうか。
 そこでUFOから間接的な影響を受けているであろう大衆文化「音楽」に着目し、関わりの深い10のUFO音楽を選んでみた。

1.UFOコンタクティが演奏する「土星人の音楽」

ハワード・メンジャー/THE SONG FROM SATURN(1957)


 1950年代のアメリカでは、しがない男が時代の寵児となる方法として、大きな声で「宇宙人に会った!」と叫ぶという方法があった。
 UFOコンタクティーの先駆けジョージ・アダムスキーに続けと声をあげたハワード・メンジャー(Howard Menger、1922-2009)は、10歳の頃にはじめて宇宙人とコンタクトし、彼らの仕事を手伝ったり(女性用の下着まで買いにいかされたらしい)、月旅行に同行したと主張している。
 彼は当時のアメリカにおいて、それなりに人気があるコンタクティーだったが、彼の主張やUFO写真がアダムスキーのものと似ていたこともあって「アダムスキーの模倣者」と揶揄されることもあった。

画像8

 そこで、そんな彼をアダムスキーと差別化するアイテムとしてピックアップしたいのが、この1957年にリリースされたアルバム『AUTHENTIC MUSIC FROM ANOTHER PLANET』である。
 なかでもこの「THE SONG FROM SATURN」は、曲名が示すように土星の音楽であり、土星人の生まれ変わりを主張するハワード自身が演奏したものだという(※YouTubeでは「The Song of Saturn」となっているが、「THE SONG FROM SATURN」が正しい)。
 聴いてみると異星の音楽としてはやや地球的すぎるような気もするが、優しい調べのピアノ・インプロビゼーションといった趣で悪くない。冒頭にはメンジャーの語りも入っている。

画像1

2. 無自覚にプレアデス星人となったシンガー

ディンガリング・シスターズ(ミシェル・デラフェイヴ)/Funky Chicken(1971)


 ミシェル・デラフェイヴ(Michelle DellaFave)といわれても知ってる人は少ないだろう。それもそのはず、彼女はUFO目撃者でもコンタクティーでもない――でも、ある意味、宇宙人なのである。
 このややこしい状況を説明するにはまず、プレアデスからのUFOを撮影した数多くの写真で有名なスイスのコンタクティー、ビリー・マイヤー("Billy" Eduard Albert Meier、1937-)の話をしなければならない。マイヤーのことはご存知だろう。彼女はそのマイヤーと微妙な関係にある人物だ。

 マイヤーは1975 年にUFOで5日間の宇宙旅行を楽しんだと語っており、その時「Asket」と「Nera」という二人の女性(?)宇宙人の写真を公開している。しかしその後、その写真が「ディーン・マーティン・バラエティーショー」(1965 年から74年まで放送されたアメリカのショー番組) を撮影したものだと指摘され、マイヤーは批判に晒されることになる。――見比べてみれば一目瞭然で微笑むくらいしかできないのだが、マイヤーは捏造を否定しているし、ここでその真偽を断ずるつもりはない。

画像3

 ここで重要なのは、その写真に映る二人の女性宇宙人のうちの一人である「Asket」が、ここで紹介するミシェル・デラフェイヴだった(…よく似ていた)ということで、このあと彼女が「宇宙人」というおかしなレッテルと共に生きていかねばならなかったことだ。
 この写真が撮影された当時、 ミシェルは「ディンガリング・シスターズ」というグループのメンバーで、今回紹介する動画は1971年に同番組でパフォーマンスした模様を収めたものである。メインボーカルの背の高い女性がミシェル・デラフェイヴで、ファンキーな楽曲を力強いダンスでソウルフルに歌いあげる姿はとても魅力的である。
 そして、なんとも面白いのはこのミシェルが、なんと2017年にマイヤーと実際に会い、その模様が公開されていることだ。見れば普段なかなか得られない複雑な気分を味わうことができるだろう。

3. その名も「ビリー・マイヤー」というスペースJAZZバンド

ビリー・マイヤー/Semjase’s Cry(2019)

この続きをみるには

この続き: 9,273文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の3月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。

または、記事単体で購入する

「聴くUFO」特集 未確認飛行物体に関連する超常ミュージック10選/秋月朗芳

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ムーCLUB 2020年3月配信セット
ムーCLUB 2020年3月配信セット
  • 31本
  • ¥1,200

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。