シンガポールに獣人UMAブキッ・ティマ・モンキーマンが出現!!/並木伸一郎
見出し画像

シンガポールに獣人UMAブキッ・ティマ・モンキーマンが出現!!/並木伸一郎

2020年12月、シンガポールの森林地帯で無気味な獣人の姿が撮影された。
シンガポールでは、獣人UMA「モンキーマン」の伝説が語り継がれている。近隣のスマトラ島に棲息する小型獣人オラン・ペンデクとの関連や、ホモ・フローレシエンシスの末裔なのかといわれているが、はたして、その正体とは?

文=並木伸一郎

ブキッ・ティマのジャングルに潜むモンキーマン

 東南アジアのシンガポールで、今、獣人UMAが話題になっている。アジアの獣人UMAとしては、雪男イエティや野人、アルマスが有名だが、このほど目撃されたのは、その名も「モンキーマン」、地名から「ブキッ・ティマ・モンキーマン」とも呼ばれる。
 風光明媚な町ブキッ・ティマには手つかずの森林地帯が広がり、人跡未踏のジャングルも少なくない。ここに棲息するモンキーマンは身長は1〜2メートルと、ヒトとほぼ同じ、もしくは背が低い。
 全身が灰色の体毛で覆われており、直立二足歩行する。外見から、オランウータンやクモザルなど、既知の霊長類とは明らかに異なる生物だ。
 事件が起こったのは2020年12月、シンガポール在住の愛好家が作るグループ、ナイトレイダーズのメンバーがジャングルを探訪した際、撮影した画像に謎の生物が写っていた。闇夜に浮かぶ影は、一見するとサルのようだが、ヒトのように直立している。

画像1

2020年12月にナイトレイダーズのアルフィーという人物が撮影。確認しづらいが、画像中央からやや左に謎の生物が写っている。

この続きをみるには

この続き: 1,324文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。