ロンドンで「きさらぎ駅」現象!? ヴィクトリア駅から1980年代に迷いこんだ僧侶/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

ロンドンで「きさらぎ駅」現象!? ヴィクトリア駅から1980年代に迷いこんだ僧侶/遠野そら・MYSTERYPRESS

地下鉄に乗っていたら、降りた駅が1980年代の風景だった……! イギリスで起きたタイムスリップ体験報告は、「きさらぎ駅」現象を思わせる。はたして鉄道、地下鉄と異世界の関係は?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

ヴィクトリア駅から1980年代へ迷い込む

 仏教の僧侶をしているボール・デブリンは、いつものようにロンドン地下鉄で「ヴィクトリア駅」へと向かっていた。いつもと同じ電車に乗り、いつもと同じ駅で降りる。”何気ない1日を過ごす”。そのはずだったのに、ポールはなぜか”現実とは違う世界”へ迷いこんでしまったという。

  この日、ヴィクトリア駅へ到着したポールは、混みあっていた車内から吐き出されるかのようにホームへ降りた。

「おかしいな。ヴィクトリア駅だろ?」

 ラッシュアワーの時間帯にも関わらず、人がまったくいないのだ。イギリス・ロンドンにあるヴィクトリア駅は主要ターミナル駅の1つで、構内にはマーケットや飲食店が並び、周辺住民や観光客で常に賑わっているはずなのに。
 不思議に思ったポールだったが、いつもように構内を進んでいくと、なんだかエスカレーターが妙に新しい。

「いったいどうなってるんだ?」

 あたりをきょろきょろと見回しながら、登りエスカレーターに乗ると、反対側から若い男性が1人だけ降りてくるのが見えた。男性はデニムのキャップにGジャン、とまさに1980年代に大流行した服装をしており、昔のファッションがリバイバルされ流行することがあるが、現代の“それ”とは全くの別物で、まさに1980年代の当時の服装だった。

「どうなっているんだ?」

 人のいないエスカレーター。奇妙な服装の男性。不思議に思いながらもエスカレーターに乗っていると、構内にはないガラスのドームがある広場に到着したのだ。

「ここはヴィクトリア駅じゃないのか?」

 だが、ヴィクトリア駅で下車したことは間違いない。ポールは、“すぐに現実の世界に戻らないと、2度とここから出られなくなる”と感じ、やみくもに動かず、来た道を逆戻りすることにしたのだ。

 そこでまずポールは、ヴィクトリア駅の隣の「ピムリコ駅」まで電車に乗り引き返すことにした。ホームへと戻り、ピムリコ駅行きの電車に乗ったが、車内はガラガラで誰もいない。
 だが改めてヴィクトリア駅へと向かう電車に乗ると、誰もいなかった車内に次々と乗客が現れ、駅に到着するころには混雑した状態になっていたーーという。

この続きをみるには

この続き: 917文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。