見出し画像

混乱の中の支援に期待しよう/エミール・シェラザードの西洋占星術2021年5月8日〜6月8日

画像1

エミール・シェラザード
 ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、1970年代より西洋占星術の研究をはじめる。のちに台湾の黄啓霖にも師事し、奇門遁甲術などを習得。50年にわたるキャリアを持ち、執筆、講演、教育、カウンセリングなど幅広い分野で活躍。中華民国星相学会「永久名誉会員」でもある。2018年、一般社団法人日本占術協会副会長に就任。HP:kaminosachi.com

◆ 5月の社会情勢 ◆

 5月14日、「発展・拡大」を意味する木星が、水瓶座から魚座へ移動します。木星は通常、1星座を約1年かけて進みますが、今回は変則的で、昨年末に水瓶座に入ってから半年もたたないうちにお隣の星座へ。
 この移動によって社会のムードが変わりそう。魚座の木星は「救済」を、4月23日から蟹座を運行中の火星は「保護」を暗示。
 このふたつが強力なタッグを組んだ結果、人々を希望の光で照らすような支援制度が充実するでしょう。ただし双子座に集まる星々とは不穏な角度を形成するため、情報の混乱は避けられません。
 詐欺まがいの手口にも警戒が必要です。目の前に垂らされた蜘蛛の糸の強さは、自分自身で見きわめてください。また、さまざまな制限が解除されるにつれて気持ちがルーズになる一方で、リモート生活の利便性を知った結果、自宅にこもりがちになる傾向も。なぜなら魚座には幽閉という意味もあるからです。コロナという鎖に縛られてきた私たちですが、木星の移動によって半分くらいは自由になれそう。そして7月末、木星が再び水瓶座へ舞い戻ってくることもお忘れなく。

この続きをみるには

この続き: 5,709文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
5
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。