イスラエル要人が断言! アメリカ大統領選挙で「銀河連邦」との宇宙外交が変化する!?/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

イスラエル要人が断言! アメリカ大統領選挙で「銀河連邦」との宇宙外交が変化する!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、アメリカ大統領選挙の……陰謀論ではなく、宇宙人情報について。まさかの進展があるかもしれないのだ。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

大統領選挙を機に銀河連邦との関係に変化が?

 陰謀論から内戦までさまざまな意味で注目されている2020年のアメリカ大統領選。もしかしたら……宇宙人にとっても重要な局面を迎えているのかもしれない。

 これまでも数多くの著名人が地球外生命体の存在を明言してきたが、今回イスラエルにおいて「宇宙開発の父」と謳われるHaim Eshed(ハイム・エシュド)氏がイスラエル全国紙のインタビューで宇宙人の存在を認め、注目を集めている。

画像1

ハイム・エシュド氏(写真=Wikipedia)。

 エシュド氏は、約30年もの間イスラエル国防省・宇宙政策担当局長などを務めていた人物で、イスラエル軍の極秘特殊部隊「ユニット81」では、戦闘兵やスパイに最先端の技術を提供し、特殊技術の開発やエージェントの訓練を担当していた諜報部隊の出身者である。
 そんなエシュド氏が、宇宙には、銀河系の様々な惑星の生命体によって構成された「銀河連邦」という組織があることを明言、イスラエルとアメリカは彼らとの外交ルートを確立し、頻繁にやり取りをしていると暴露し話題になっているのだ。氏によると銀河連邦と地球人の間には『宇宙の構造を互いに研究し、理解しあう』という合意が結ばれているそうで、関係は悪くないようである。だが、ここにきてその関係性が崩れつつあるそうだ。

 その発端となるのが『アメリカ大統領選挙』である。エシュド氏によるとアメリカ政府は銀河連邦と極秘にある契約を結んでいるという。それは、アメリカが火星にある地下基地へ介入する代わりに、銀河連邦が地球で行う“実験”を黙認する、というもの。彼らの間で締結されたこの協力協定によって、火星の地下基地には現在もアメリカ人が宇宙人とともに常駐しているそうだ。

トランプ大統領の情報公開に「待った!」

 だがあろうことか、トランプ氏が大統領選挙に合わせて宇宙人の存在を公表しようとし、銀河連邦から『待った!』がかかったというのだ。エシュド氏によると、「地球人は、宇宙の構造やUFOの存在などを理解する段階にまだ至っていない」ことを理由に、公表を取りやめるよう要請があったという。
『未熟な知識の地球人に宇宙人の存在を公表するとパニックが起きる、まずは段階を踏んで理解してほしい』と銀河連邦は我々を懸念しているというが、本当だろうか。
 著者が気になるのは、アメリカと交わした契約にある、地球で行っているという“実験”である。もしかしたら銀河連邦は、地球で行っている実験が我々に露呈することを恐れたとも考えられないだろうか。

 これまでも米大統領と宇宙人の関係を示すエピソードは数えきれないくらい残されている。特にアイゼンハワー、ニクソン、レーガン元大統領らは、宇宙人と接触していたともいわれており、その噂話に頷く政府関係者は少なくないという。
 今や地球は、宇宙戦争に突入したと言われている時代。どの国がいち早く他の惑星へ有人到達できるかで世界情勢が大きく変わると言われているが、アメリカ政府の宇宙軍(USSF)の創設の裏には、銀河連邦との極秘契約も絡んでいるのだろうか。
 今後の政局の変化によっては、固く閉ざされた扉が開くのかもしれない。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。