クンダリニー・エネルギーを内包する仙境のパワースポット「軍刀利神社」/本田不二雄
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

クンダリニー・エネルギーを内包する仙境のパワースポット「軍刀利神社」/本田不二雄

いままで出会ったことのない特別な場所へ、心を震わせる神々の聖地へ──。
コロナ禍のいまだからこそ行ってみたい、「神々のおわす場所」がこの国にはある。そんな、とっておきの「ニッポンの奥宮」のひとつが、山梨県上野原市の軍刀利ぐんだり神社である。

文・写真=本田不二雄(神仏探偵)

画像2

軍刀利神社の本殿につづく長い参道の石段。

画像1

『異界神社ニッポンの奥宮』本田不二雄 著(駒草出版)。

なぜいま「異界神社」なのか

 このコロナ禍のなかで、筆者は『神木探偵』、『異界神社』と題する本をつづけて上梓した。前者は昨年4月、はじめての非常事態宣言が発出されたタイミングで、後者は、オリンピック開催から感染爆発へと雪崩れこむ今年の8月上旬のことだった。
 この間、「不要不急」の外出自粛が呼びかけられるなか、「宣言」や「まんえん防止」の間隙を縫う形で、これはと思う聖地・神域への取材を敢行した。
 そのたびに、「いまそこへ行くべきか」とみずからに問わざるをえなかった。〝異界神社〟とは、この世ならざる奥宮や最果てのお社を指す神域であり、もとより〝密〟になりようがない場所なのだが、不要不急の外出にはちがいない。
 じりじりと状況を眺めながらも、結果として「いま行っておかなければならない場所」のいくつかが残った。こんな、漠然とした将来に対する不安が覆うときだからこそ、ニッポンの原点ともいうべき「カミがおわす場所」を、この目で、五感で確認しておかなければ──そんな強い思いに背中を押されたのである。

 そのなかのひとつが、山梨県上野原市棡原ゆずりはらに鎮座する軍刀利神社だった。
 JR中央本線に乗り、上野原駅で下車。そこからバスで終点の「井戸」に向かう。到着した井戸集落の奥はかつて門前町だった風情をわずかに遺しているが、いまはひっそりと参拝者と登山者を山の奥へと誘っていた。

画像3

軍刀利神社は、東京・山梨の県境をなす尾根に元社があり、その南西麓に奥之院、本殿が鎮まる(©google.Inc)。

異界へとつづく長い石段

 まず気になるのは、「グンダリ」という聞き慣れない社名だ。
 地名に由来するものではない。その音韻にピンと来た人もいるかもしれないが、密教でいう五大明王の一・軍荼利明王ぐんだりみょうおうに由来するもので、明治以前は社名も軍荼利夜叉明王社と呼ばれていたという。
 一般にはなじみが薄いかもしれないが、軍荼利明王は房総半島や奥武蔵(埼玉や東京の西部)の山寺にも独尊で祀られており、在地の守護神として知る人ぞ知る存在である。

 当社の創建は永承えいしょう3年(1049)。
 もとは三国山(生藤山しょうとうさん)の尾根筋に鎮座していた(現在も元社がある)が、室町時代に西麓の現在地に遷り、武田信玄の奉献を受けるなど、広く信仰を集めていたという。
 もとより山岳修験の霊場だったのだが、明治初年の廃仏運動を受け、仏尊由来のグンダリの社号を「軍刀利」に改称。主祭神は日本武尊に改められた。
 唐突な改変にも思えるが、関東のグンダリ信仰は多く日本武尊と結びついており(このあたりの謎は興味深いがここでは割愛)、日本武尊は東征の帰途この地で足を休めたという伝説も残っている。まったく故なしではないようだ。
 さて、参道は途中から急坂となり、やがて軍刀利神社の本殿に向かう長い長い石段に迎えられる。思わず呆然と見上げる。その先が見えないほどのアプローチは、鬱蒼とした木立も相まって、まさに異界への参入を思わせる。
 長い石段は俗世界の雑念を忘れさせ、心身のモードを神域のそれへとチェンジさせてくれる。そしてようやく本殿前に到着。参拝者の目に入ってくるのは、拝殿脇に据えられた剣のモニュメントと、脇殿に奉納された巨大な木刀群である。
「軍刀利」と名を変えた当社は、戦前、東国征伐の神話で知られる武神ヤマトタケルゆかりの神として出征兵士らに崇められた。奉納の刀は、武運長久を祈った兵士やその家族らの祈願の証なのである。

画像4

参道を登り切った先にある同社社殿。拝殿に向かって右の剣のモニュメントが目を引く。

画像5

拝殿脇の建物には、奉納された巨大な木刀が掲げられている。

夢に出てきそうな「奥之院」の景観

 ともあれ、神域・霊場としての醍醐味は、実はこの奥にある。
 登山家で民族研究家の岩科小一郎が書いた「軍荼利山縁起」と題する小論(『山麓滞在』所収)に、こんな古老のいい伝えが記されていた。

この続きをみるには

この続き: 3,442文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。