見出し画像

おそるべき鬼の正体と、未確認妖怪の世界を探る! ムー公式 超日常ポッドキャスト#5・#6/ゲスト・黒史郎

Spotify公式ポッドキャスト「#聴くマガジン」でお届けする「ムー公式超日常ポッドキャスト」! 2月配信分は「鬼の正体」「未確認妖怪の世界」をお届け。ゲストは連載「妖怪補遺々々」でおなじみの黒史郎先生です。

このバナー右下のボタンを押せば再生開始!

第5回「鬼の正体」
あの「鬼滅の刃」で描かれている不死の人食い鬼は実在する!? 怪物としての鬼、神として祀られる鬼、死者や霊としての鬼、はたまた吸血鬼……などなど、多様な「鬼の正体」について、作家で妖怪蒐集家の黒史郎先生とともに探る。おそるべき超常の力を持ち、人間の社会から逸脱した存在である鬼たちに、人間たちはどう向き合ってきたのか? その関係から、人間の恐ろしさ、したたかさも逆照射する。人を食べる鬼もいれば、鬼をだまして食べてしまう人間もいるという……。鬼より人間のほうが恐い!? 数々の伝説や逸話から「鬼」を知れば弱点もわかる。聴けばあなたも鬼退治できる、かもしれない。

第6回「未確認妖怪の世界」
アニメや漫画のキャラクターでもおなじみの妖怪とは、そもそもどんな存在なのか? 疫病を予言したアマビエが一躍“有名妖怪”に仲間入りしたが、世界各地で疫病そのものが恐ろしい化け物、妖怪として伝えられることも多い。さらに、砂が降ってきたから「砂かけ婆が出た!」、突然進めなくなったら「ぬりかべに阻まれた」など、恐い現象、不思議な体験に名前と姿が与えられることで妖怪は誕生する。……でも、柿男やハマグリ女房などはもうなにがなんだかわからない! 人間がいるかぎり、新しい妖怪は生み出されてしまうのだ。妖怪蒐集家の黒史郎先生とともに、だれも知らない未確認妖怪の世界を行く!


画像1

「ムー公式超日常ポッドキャスト」の番組アイコン。マスコットキャラの「ムーやん」が目印!

「ムー公式超日常ポッドキャスト」
#ムー超日常 #聴くマガジン
■Spotifyのアプリ、ウェブにて無料配信
■出演者:雛形羽衣(劇団ディアステージ)、ムー編集部、ゲスト(超常現象の専門家陣)
■制作協力:ディアステージ
■企画協力:Spotify

画像2

番組MCはオカルト好き女優の雛形羽衣さん(劇団ディアステージ)。「ムーやん」とともに、オカルト専門家のディープな話を引き出す。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。