ムーPLUS
「山の牧場」ミステリー40年目の真実/MUTube
見出し画像

「山の牧場」ミステリー40年目の真実/MUTube

ムーPLUS

月刊ムーの特集記事を三上丈晴編集長が解説する動画番組「MUTube」の模様を記事でもお届け!

複雑怪奇な実話怪談「山の牧場」

今年で「発見」から40周年を迎えた「山の牧場」。
今もなお多くの不思議を残し、語り継がれる“レジェンド怪談”の歴史を、改めて振り返る。
謎が謎を呼ぶこの牧場に隠された真実とは……。

「この『山の牧場』、怪談界隈では超有名。発信源は怪談収集家でおなじみの、中山市朗大先生。名前のとおり、牧場なんですよ。でもこれがおかしい。牧場なのに、牛を飼っている痕跡が一切ない」

山の牧場が発見されたのは今から40年前、1982年のことだ。

「中山市朗先生の大阪芸大時代。自主制作の映画の撮影をしていると、見晴らしのいいところからのカットが必要になった。そこで兵庫県のとある町の山のほうに行ったわけだ。ちょうど細い道があって、そこにドラム缶の標識がある。あと20メートル、10メートル……みたいに。最後に『終点』と書かれていて、そしたらその奥に屋根が見えてきて、それが牛舎だった。
どうやら牧場がある。ロケーションもいいのでそこで撮影しようと思ったが、よく見ると牧場なのに牛がいない。いや、牛がいた痕跡すらない。おかしいなと思って事務所のほうを見ると、廃墟とまではいかないけど何かが変。ほとんど使っていないような状況で、建物には鍵もかかってない状態」

細い山道を抜けたところに、謎の牧場があったのだ。しかし牛はおらず、建物全体に何か違和感を覚えたという。

「興味半分で扉を開けたら、部屋のど真ん中にでっけぇ石がある‼ それが入り口のドアよりもでかいの。どうやって部屋に入れたの? っていう。でも、床がぐしゃっと潰れていて、石を後から入れたことは間違いない」

扉より大きい謎の巨石……。どうやって部屋に運び入れたのか、そもそも何の目的があったのだろう。

「しかも建物は2階建てなんだけど2階に行く階段がない。建物の1階から上がる階段もなければ、外づけの階段もない、かつてあったという痕跡すらない。外づけで階段があったなら、2階へと入る扉があるはずだが、それもない、でも部屋はあるわけ」

階段のない2階……“山の牧場”の無気味さはますます増していく。

「隣の崖みたいなとこから2階を見ると、確かに部屋はあって、廊下がL字にあるけどつながってない。だからある種、密室状態なのよ。気になって部屋に潜入すると、するとその部屋の壁一面に大量のお札がベタベタベタベタ‼ しかも人形が大量にあって、白いペンキで壁に『助けて』って‼ ……誰か監禁されてたのか、これやばい」

その後、中山氏はテレビ番組の企画や雑誌の取材で十回以上もこの山の牧場に訪れているという。

「訪れるたびに変化がある。管理人にいろいろ話を聞いたんだけど、要領を得ない。オーナーも何度か変わってるらしい。ちょっと別の話題になったときに『UFO出るよ』と。『3日に一回くらいはUFO出るよ』と。火の玉みたいな。しかも、山全体が空洞になっているなんて話まである」

数々の不思議な構造や残留物のほかに、なんとUFOまで目撃されるという。

失踪した「Kくん」

「あるとき、中山さんの地元の知人・Kくんが現地に突撃をしたらしくて、写真を撮ったと。そこで中山さんが今の状況を知りたいからと、写真を送ってくれるよう依頼したらしいんだよね。でも、そしたらそこから音信が途絶えてしまう。心配になってKくんの実家に行っても、もぬけの殻。失踪しちゃったんだよ。しかもいまだに見つかってない。中山さんが新耳袋とかで山の牧場を書いて、最後のあとがきで『Kくん、これを見たら連絡ください』と書いてるけど連絡はない。」

次から次へと出てくるエピソードは、山の牧場の存在をより不思議なものに感じさせる。

「今はその山の牧場、だんだん地面がへこんできてる。沈下してクレーターみたいになってる。部屋にあった石もどこかにいっちゃった。訪れるたびに何かが変わっていて、刻々と変なことが起きている」

さらにはこの山の牧場、登記を調べてもらっても所有者がわからなかったり、牧場を始めたという届け出自体もされてなかったという。

「中山さんはこの山の牧場を40年間いろんな作品の中で書いてるけど、40年目ということで改めて時系列をまとめてもらった」

今も兵庫県の山奥に実在する山の牧場。そこには言いようのない謎が渦巻いている。記念すべき40周年という節目に、この怪談の変遷を今一度辿ってみてほしい。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。