イルミナティカードが連邦議会議事堂襲撃事件を予言していた!/嵩夜ゆう
見出し画像

イルミナティカードが連邦議会議事堂襲撃事件を予言していた!/嵩夜ゆう

世界の未来が描かれているとされる「イルミナティカード」。
今回もまた、その予言がぴたりと当たった。アメリカ全土、そして世界を震撼させた連邦議事堂襲撃事件が、まさしく予言されていたのである。
ということは、トランプ氏の今後も……? 衝撃の緊急レポート!
(ムー 2021年3月号掲載)

文=嵩夜ゆう

首都ワシントンで起こった衝撃の事件

 2021年は、悪い意味で歴史に名を残す年になるかもしれない。1月6日に、アメリカの連邦議会議事堂襲撃事件が起きたからである。
 現地メディアではクーデター未遂事件として大きく報じられ、7日以降の首都ワシントンは、まるで戦時下のような厳戒態勢に入った。夜間外出禁止令が出され、議事堂周辺には多くの検問所とバリケードが設置された。

 実は、この事件について、あの「イルミナティカード」が見事に予言していたのである。

 2枚のカードをご覧いただこう。

画像1

「Plague of Demons」(悪魔の疫病)というカード。夕暮れの議事堂に悪魔が異常発生し、集う。

「Plague of Demons」(悪魔の疫病)というカードは、トランプ前大統領の
4年目のカードだと、2019年の記事で筆者が結論づけたものである。
 さらにもう一枚が、「March on Washington」(ワシントンへの行進)
というカードだ。

この続きをみるには

この続き: 1,295文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。