見出し画像

平成UMAと「ファンシー絵みやげ」の世界/山下メロ・平成UMAみやげ

ムーPLUS

平成を彩ったファンシー絵みやげに出現したUMAやムー的なあれこれを紹介してきた本連載……いよいよ最終回! 日本各地のレイクモンスターを振り返り、本場・ネス湖の「みやげ」で一休みといたします!

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

平成UMAみやげの世界・最終回

 これまで日本各地で目撃されてきた平成のUMAみやげたち。
 人面魚からツチノコ河童ヒバゴングレイなど、この連載では、全国のさまざまなお土産品を紹介してまいりました。

01 ファンシー絵みやげ

 そんな平成UMAみやげの連載も、いよいよ今回で最後となります。
 最終回は、これまでたくさん紹介してきた日本中の”ネッシーフォロワー”に対し、本国スコットランドのネッシーみやげを紹介したいと思います。

 ネッシーとは……こちらをご参照ください。

和製ネッシーの世界

 本家に先立ちまして、まずは和製ネッシーを簡単に振り返ります。詳しくは、過去の〇ッシー関連の記事をご覧ください。

 日本全国に溢れた「〇ッシー」と呼ばれた湖で目撃されたUMAたち。まずは本州、富士五湖・本栖湖のモッシー。

01 モッシーステッカー

怪獣タイプのファンシー絵みやげ化モッシー。英字新聞のようなローマ字デザインに当時の空気を感じる。

 次に、本州から北へ、北海道・洞爺湖のトッシー。

02 週刊わかさいも中身

名産品「わかさいも」の解説書に登場。他にもぬいぐるみが確認されている。

 同じく、北海道・屈斜路湖のクッシー。

03 クッシーのアイテム

ファンシー絵みやげステッカーにキーホルダーと、いくつかの商品が見つかっている。

 そして一気に南へ。九州は鹿児島・池田湖のイッシー。

04 イッシーテレカ

タグとテレホンカード。イッシーは描かれる姿もさまざま、英文字での表記もさまざま。

05 イッシーTシャツダブル

西郷隆盛のTシャツと並んで売られるイッシーのTシャツ。ヤシの木が描かれている。

 こんな感じで、とにかくバブルの頃の日本中で商品が作られていたことからも、いかに和製ネッシーが重要な観光資源だったかが分かることでしょう。繰り返しとなりますが、詳細はそれぞれの記事をご覧ください。

本家に便乗する和製ネッシー

 そんな和製ネッシーですが、そもそも本家ネッシーの人気に便乗した感じがするネーミングながら、さらに本家を強引に登場させたという例もありました。

06 ネッシーとクッシー

屈斜路湖のクッシーは、なんとネッシーに便乗したレコードを出している。

07 イッシーネッシー

こちらはイッシーとネッシーがボクシングをしている。しかもイッシーがネッシーを殴っている。便乗しておきながらボコるとは、さすがファンシー絵みやげ時代のノリ。

本家ネッシーの土産品

 いかに観光地において和製ネッシーが重要だったかを見てきましたが、では本家ネッシーのお土産品はどんなものがあるのでしょうか。スコットランドのネス湖は、日本と同様に観光地化し、土産品が作られているそうです。まずは日本でも定番のキーホルダーから。

08 ネッシーKH1

 I♡NY にも通じる I♡SCOTLAND。そして伝統的なタータンチェックのタグと、ネッシーを使ってスコットランドを激推ししています。というより、スコットランドのマスコット的存在がネッシーになってますね……。

09 ネッシーKH2

 スコティッシュギフトという台紙に、エンブレムにも使われる盾の形のキーホルダー。そしてチェックの帽子をかぶったネッシー。アニメ調のイラストになっています。

10 ネッシーKH3

 こちらも同じ台紙と形状。背景が描かれています。

 これらはほんの一部ですが、他にもかなりの種類のお土産が存在しています。そして、私が個人的に「現物みやげ」として愛好している「ベルリンの壁」的な、そこにある現物をお土産にしてしまうシリーズもありました。

 こちらは、私のYouTubeチャンネルにもゲスト出演してくださったことがあるUMA研究家・中沢健さんのTwitterより。なんと、ネス湖の水です。

 動画はこちらから。こちらで和製ネッシーのおみやげも紹介しています。

 そして、この動画を撮影したのはパワースポットでもある中銀カプセルタワービルの、コスプレDJ声ちゃんのお部屋。声ちゃんもまた別のネス湖の水を……

 やはり持っているんですね。

 その中銀カプセルタワービルの声ちゃんの部屋に、こんなステッカーもありました。

11 ネッシーステッカー

 こんな渋い写真のシルエットのステッカーもあるんですね。

 そして、ふと壁を見ると、日本の観光地土産の定番中の定番であるペナントにネッシーが描かれているような……

12 ネッシーペナント

ネス湖のペナントを持つコスプレDJ声ちゃん

 このペナント……なぜか日本語で「ネス湖」と書かれています……。なぜこのようなものが存在するのでしょうか……。気になる方は探してみましょう。

 しかし、さすが土産品の多さも王者ネッシーの貫禄といった感じです。
みんなも是非、スコットランド・ネス湖へ行ってみましょう。
 お土産だけでなく、本物のネッシーに会えるかもしれません!

最後に

 というわけで、和製ネッシーから人面魚、つちのこ、河童、ヒバゴン、人魚、イエティ、ドワーフ、UFO、リトルグレイ……などなど観光地で出会うさまざまなUMAを紹介してまいりました連載も今回で終了です。

 まだまだ紹介しきれていないUMAみやげもありますし、今後も日本中の観光地で保護活動は続けますので、またいつかどこかで目撃談が出てくるかもしれません。

 そのときは捜索・捕獲のほどよろしくお願いします!

山下メロの「平成UMAみやげ」連載一覧


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!