異形のUFO、聖画からこぼれる血の涙、監視カメラが捉えた怪現象……世界の超常現象ファイル2021/並木伸一郎
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

異形のUFO、聖画からこぼれる血の涙、監視カメラが捉えた怪現象……世界の超常現象ファイル2021/並木伸一郎

いまだ完全収束せぬ新型コロナウイルスの恐怖、世界各地でくすぶる戦争の火種……。いい知れぬ不安に包まれたこの世界の間隙を縫うように、今年もまた、起こりつづける謎に満ちた超常現象。2021年の事件ファイルをここに一挙公開する。

文=並木伸一郎

Chapter 01 UFO

立てつづけに出現したソーラークルーザー

 少し前までまったく知られていなかった、太陽近傍に出現するミステリアスな飛行物体――ソーラークルーザー。
 その存在が1997年以降、NASA(アメリカ航空宇宙局)とES(欧州宇宙機関)の開発による「SOHO(太陽・太陽圏観測機)」の撮影画像から明らかになった。以降、それは絶え間なく出現しつづけている。本誌でも最新の画像を紹介するなどして、折りにつけ紹介しているので、ご存じの方も多いと思う。
 ソーラークルーザーの姿・形は既報のとおりさまざまだが、このところレーザービームを思わせる強烈な光線を放つものが出現している。今年――2021年4月13日から14日にかけて、SOHOのカメラが捉えた物体が、まさに太陽に向かってレーザービームを放射している。
 現時点では、この放射が太陽にいかなる影響を与えるか、まったく不明だ。だが、仮に放射がUFOからの攻撃だとすれば、太陽の中や周辺に、ソーラークルーザーがターゲットとする何かが潜んでいるのかもしれない。別の画像では、左右に光線を放つ球形UFOも撮影されている。

画像1

1995年に打ち上げられたSOHO。当初の運用期間は2年間の予定だったが、26年を経た現在もなお稼働中だ。

 5月25日、SOHOが太陽面を通過していく巨大な翼のあるUFOを捉えた。これは、今まで何度となく出現している「天使形」と呼ばれるUFOだが、SOHOに接近するにつれ、天使が巨大な翼を広げたようなその姿が、迫力をもって飛んでいるのが見てとれる。
 7月21日、NASAが管理する太陽観測サイト「ヘリオビューアー」をチェックしていた台湾在住のアメリカ人UFO研究家スコット・ワーリングが、太陽面上に出現している黒色三角形UFOの姿を発見した。  
 UFOは、太陽からの高熱や重力にもビクともせず無気味な姿を見せていた。大きさは、ヘリオビューアー上のサンプルで比較すると、地球の直径の約5分の1といったところか? だが、NASAはもとより、天文学者はだれひとりとしてこの巨大なUFOに言及していない。「無視せよ」という暗黙の了解があるのかもしれない。

02-レーザービーム

太陽面に向け、レーザービームを放射する謎のUFO。目的は何だ?

03-天使形

"翼"の形も鮮やかな天使形UFO。

飛翔するUFO3機編隊そして謎の葉巻形UFO

 太陽フレアは太陽活動が活発な時期に、黒点の周辺で起こる、いわば太陽面爆発現象だ。8月15日、このフレアが起きたとき、ヘリオビューアーのデータからある事実が判明した。なんとフレアに乗じて、巨大な黒色物体が3機出現しているのが発見されたのだ。

04-太陽UFO黒色三角形1

「ヘリオビューアー」上に現れた巨大な黒色三角形UFO。

 発見者のスコット・ワーリングは、「NASAは無視しているが、これらはUFOだ。おそらくは太陽フレアによって放出された未知のエネルギー粒子を集積するための機体で、異星人テクノロジーの産物といえるだろう」と語る。
 ワーリングは、太陽が不意に巨大な爆発を起こさないよう、異星人がコントロールしているのだという。

05-太陽UFO黒色三角形2

拡大画像。明らかに異常な飛翔体にも関わらず、NASAその他の関係者が無視しているのはなぜか?

 さらに同日、ワーリングはSOHO撮影による葉巻形UFOをも発見した。動画を分析すると、UFOは途方もないスピードで航跡を残して太陽
面を通過していることが判明。
「これは異星人UFOの母船の可能性がある」とワーリングは指摘している。
 このように、太陽UFOの活動が激しさを増してきた。太陽近傍空間は、今や超巨大UFOの多発地帯と化しているのだ。
 太陽からの高熱や凄まじい重力をものともしない謎に満ちたUFO。それは人類の想像を絶する超文明の産物としか考えようがない。

06-太陽UFO=3機編隊2

太陽フレアに乗じて打ち出された3機のUFO。

07-太陽UFO=三機編隊拡大

3機が整然と編隊を組んでいるのが無気味だ。

08-葉巻形

SOHOのカメラが捉えた葉巻形UFO。他のUFOの"母艦説"もある。

世界各地に出現した異様な形のUFO

 第2次世界大戦前から戦後、そして現代……。さまざまなケースで撮影されたUFO画像は、周知のごとく、すでに膨大な数にのぼっている。俯瞰してみると、類似の形もあれば、これをUFOと呼べるのか、といった奇妙な形態をしたものもあり、実に興味深い。

 ここでは異形UFOの2021年度版をピックアップし、カタログ的に紹介していこう。

この続きをみるには

この続き: 10,463文字 / 画像44枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。