廃墟が呼ぶ/黒史郎・化け録
見出し画像

廃墟が呼ぶ/黒史郎・化け録

あるときは図書館の書架を漁り、あるときは体験者から話を訊き……「化け録」は、日々古今の怪異を収集する作家・黒史郎が拾い集めた膨大な化け物たちの記録。
第1回目はまず、こんなお話を、ひとつ。

文=黒史郎 イラストレーション=北原功士

廃墟が呼ぶ

 廃墟には人を惹きつけるものがある。だからといって勝手に踏み荒らしていいはずがない。
 しかし、近年ではそういう場所を心霊スポットと称して不法侵入し、撮影した動画をネットにあげる行為が横行している。これは霊に対しても不行儀ではないだろうか。

 次の話は、神奈川県在住のKさんが10年以上前に体験した話である。
「あのころは毎日のように4人で集まっていました。フリーターのU、家業見習いのS、プログラマーのR。みんな、カノジョもなく、平凡な日々を送っていた専門学校時代の友人です」

 集まるのはだいたい夜の9時以降、場所はファミレス。何をするというわけでもなく、食事をしながら仕事の愚痴をこぼし、ゲームやテレビの話をして、適当な時間に解散する。
 その日も深夜までだらだらと過ごし、ファミレスを出たのが午前1時ごろ。いつものようにパーキングで解散すると、「ちょっと待って」とRがみんなを呼び止めた。
「今から、つきあってもらいたい場所があるんだけど」
 みんなに会わせたい人がいるという。
「なんだよ、彼女でもできたか?」
 ニヤニヤしながらKさんが訊くと、Rは無言で自分の車に乗り込んだ。
(なんだ、こいつ。やっぱり今日は変だな)

画像2

 この日のRは妙に寡黙だった。ほとんど言葉を発さず、ぼんやりとしていた。仕事で疲れたのだろうと思っていたが、どうもこれから会う人物が関係あるようだ。
 そんなRの様子も気になったので、みんなで彼の車についていった。

この続きをみるには

この続き: 1,323文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。