見出し画像

古代アテネで呪術対戦!? 「呪いの壺」の恐怖/遠野そら・MYSTERY PRESS

アテネの遺跡から、びっしりと人名が刻まれた壺が発掘された。どうやら実際に使われた「呪術」アイテムだったようだ。55人以上を呪った呪物のいわくとは……?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

55人以上を呪った!?

 今なお世界各地に残されている呪いの伝承。人は古くから魔術や呪詛を使い、憎むべき相手を祟らんと様々な儀式が行われてきた。心の底から恨み、その相手の破滅を願う。自分の手を汚さず報復する「呪い」は、紀元前の古代ギリシャでも多用されていたようだ。

 2006年、古代アテネの中心地であったアゴラの遺跡から、約2300年前のものと思われる壺が発見された。壺の外側には文字がびっしりと刻まれ、中には釘のようなものが入っていたという。そこで米イエール大学のジェシカ・ラモント教授ら研究チームが詳しく分析したところ、この壺が“ある目的”のために作られていたことが明らかになったのだ。

 壺の外側に刻まれた文字はすべて人の名前で、そのほとんどが女性であった。うっすらと消えかかっている文字もあるが、少なくとも55人を超える名前が刻まれており、壺の中にはニワトリの頭と下肢部、そして長い釘の他、複数のコインが入っていた。このことからラモント教授はこの壺を「ただの壺ではない」と断言。なんと呪いの儀式で使用された「呪いの壺」だと発表したのだ。
 壺に収められたニワトリは生後7か月未満の若鶏で、呪い主はニワトリの頭と下肢部を持ち、文字通りひねり殺した後、死体をバラバラにして釘を突き刺したと考えられている。さらに生贄としてなのか、ほかの動物と一緒に、壺を焚き上げたということだ。

 ラモント教授によると、ニワトリをひねり殺し、さらには死体に釘を突き刺すという行為は、呪い主の、“相手も同じような目にあえばいい”という強い願いが込められているという。また、壺には『We bind』という意味の言葉が刻まれていることから、名を刻んだ相手の能力や身体の自由を封じ、抑制や束縛する呪いをかけたのではないかということだ。

 どのような理由で55人以上もの人に呪いをかけたのかは記されていない。だが、壺に刻まれた文字の筆跡から、少なくとも2人がこの呪いに関わっているそうだ。

この続きをみるには

この続き: 552文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。