史上最強生物「クマムシ」の謎 不死身の生命体は宇宙で進化した!!/権藤正勝
見出し画像

史上最強生物「クマムシ」の謎 不死身の生命体は宇宙で進化した!!/権藤正勝

地球の生命の起源は宇宙にあるとする仮説がある。
近年、この仮説を裏づけるような生物の驚くべき能力が解明されている。
微小生物クマムシもそうした生物のひとつだ。その驚異的な能力は、まるで宇宙環境に適応するために備わったかのようだ。

文=権藤正勝

放射線にも耐える最強の生物

 地球上最強の生物は何か? こう問われたならあなたは何と答えるだろうか。ライオン? トラ? ゾウ? ホオジロザメ? いやいや絶滅したとはいえ恐竜が最強だ‼ と答えるかもしれない。だが、筆者なら迷わずクマムシと答える。

画像5

超高温、超低温、乾燥とどんな環境でも生存できるクマムシ(写真=Science Photo Library/アフロ)。

画像9

写真=Wikipedia

 クマムシとは、緩歩(かんぽ)動物という聞きなれない分類に属する動物の総称で、体長は最大で1.7ミリとされるが、ほとんどは1ミリ以下の目に見えないサイズである。全体の形がクマに似ていることからクマムシと呼ばれている。
 虫という名前がついているが、昆虫の仲間ではない。分類上、動物界の下の門のレベルで独立した生物群である。古生代のカンブリア紀には、すでに存在していたとされるので、生物が爆発的に進化したカンブリア大爆発で誕生した生物だろう。
 では、この微小な生物が、なぜ最強生物なのか見てみよう。まず、クマムシはどこに生息していると思うだろうか? 正解は「どこにでもいる」である。極寒の両極から赤道地帯まで、地球上のあらゆる場所に生息している。その生活環境も、深海の底からヒマラヤのような高山地帯、温泉の中にさえ生息している。
 これほど多様な生活環境で生息できる生物は、バクテリアぐらいしか思い浮かばないだろう。だが、クマムシは、小さいとはいえ体節構造を持ち、神経系や消化器系も備えた複雑な多細胞生物である。単細胞の原核生物であるバクテリアとは、まったく異なる生物なのだ。

この続きをみるには

この続き: 5,735文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。