ムーPLUS
”癒しのチャネラー”リー・ハリスが授かった銀河系知的生命体集団から日本人への警告メッセージ/エリコ・ロウ
見出し画像

”癒しのチャネラー”リー・ハリスが授かった銀河系知的生命体集団から日本人への警告メッセージ/エリコ・ロウ

ムーPLUS

リー・ハリス氏は、カリフォルニア在住の英国人チャネラーで、ミュージシャンでもある。ライブやオンラインでのチャネリング、ポッドキャスト、ビデオ、音楽やアートなど 多様なメディアを通して、宇宙から得た情報や癒しの波動を伝えてきた。オンライン・イベントへのアクセス数は、毎月30万回を超える。そんなハリス氏に、今後数年の世界と日本について話を聞いた。

◉スピリチュアル・レポート◉
文=エリコ・ロウ

知的生命体の集団「Zs」とのチャネリングやヒーリング・ミュージックなどで注目されるチャネラー、リー・ハリス 氏(写真=Tanya Malott)。

地下鉄の中で思索中に突然、声が聞こえた!

 リー・ハリス氏は、駆けだしの俳優としてロンドンで働いていた20代前半に、形而上学やスピルチュアルな事柄への関心を深め、さまざまな講演会やワークショップに足を運ぶようになった。
 そんなある日、地下鉄の中で考え事をしていたら、突然、頭上から声が聞こえてきて、とてもためになるアドバイスをくれた。それがチャネリングのはじまりで、2000年のことだった。以降、友人たちの悩みの相談に乗るようになり、評判が評判を呼び、プロになる決心をしたという。

 チャネリングを通してコンタクトしてくる知的生命体の集団をハリス氏はZs(ズィーズ)と呼んでいる。コンタクトしてきた声にその正体を尋ねると、「個の意識体ではなく、さまざまな銀河系を拠点とする88人の知的生命体の集団で、メンバーのそれぞれもチャネラーだ」という答えが返ってきた。
 つまり、Zsから得る情報には、Zsがほかの情報源から得た情報も含まれているということだ。
「意識の図書館、銀河系の情報源からの声と考えればよいといわれた。Zsのメンバーには地球で生きた経験がない者もいるが、地球での輪廻転生を経た者もいるので、彼らは自分たちを異星人とは呼ばない。
 他の星人から見れば地球人も異星人だし、彼らにいわせれば、われわれはみな異星人だ」

この続きをみるには

この続き: 5,422文字 / 画像11枚
記事を購入する

”癒しのチャネラー”リー・ハリスが授かった銀河系知的生命体集団から日本人への警告メッセージ/エリコ・ロウ

ムーPLUS

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。