『宇宙の彼方の色』から読み解く H・P・ラヴクラフトが受けた”フォーティアン”な影響/森瀬繚
見出し画像

『宇宙の彼方の色』から読み解く H・P・ラヴクラフトが受けた”フォーティアン”な影響/森瀬繚

2020年7月に映画化されたH・P・ラヴクラフトの小説『宇宙(そら)の彼方の色』は、”フォーティアン”なーー超常現象に影響されていた!?
怪奇神話と奇現象の開祖ともいえる、ふたりの”創造主”が共鳴した背景を解説する。

文=森瀬繚

宇宙の彼方の色

「ある日のこと、真っ昼間に白い雲が現れ、空中で次々と爆発が起こり、森の奥深くにある谷から煙の柱が立ち昇った。そして、夜になるまでには、アーカムの人々は皆、空から落ちてきて、ネイハム・ガードナーの土地にある井戸の近くの地面にめりこんだ大きな岩の話を耳にしていたのである」──H・P・ラヴクラフト『宇宙(そら)の彼方の色』より(森瀬繚・訳)

宇宙の彼方の色(本画像)

『宇宙(そら)の彼方の色』(H・P・ラヴクラフト・著/森瀬繚・訳/1500円+税/星海社)。公式サイト

 生前、無名であったことは間違いのない事実だが、もはや20世紀アメリカ史に燦然と輝くホラー・フィクションの巨匠であるという評価が、本国においてもすっかり固まった感のあるH・P・ラヴクラフト。ここ20年ほどで、ペンギンクラシックスから注釈付きの作品集が刊行され、Library of AmericaやOxford World's Classicsにその作品集が収録されたことは、英米におけるラヴクラフト評価の変化を如実に示している。
 その彼が、生前に自ら最高傑作と太鼓判を押していた"The Colour out of Space"がこのほど、『カラー・アウト・オブ・スペース-遭遇-』のタイトルで映画化され、7月末日より日本国内での上映が始まった。

"The Colour out of Space"の執筆時期は1927年3月。発表媒体は、ラヴクラフトがしばしば自作品を投稿していた怪奇小説雑誌「ウィアード・テールズ」ではなく、「ヒューゴー賞」の由来となったSF草創期の名物編集者、ヒューゴー・ガーンズバックが編集する「アメージング・ストーリーズ」誌の1927年9月号である。

画像2

「アメージング・ストーリーズ」1927年9月号。

この続きをみるには

この続き: 6,310文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。