見出し画像

『地獄先生ぬ~べ~』真倉翔&岡野剛インタビュー 霊感体質アシスタントが呼び込んだ心霊現象

1993年から約6年間にわたって『週刊少年ジャンプ』で連載され、累計2500万部を突破する大ヒット作品となった漫画『地獄先生ぬ~べ~』。
主人公の小学校教師・鵺野鳴介が霊能力を駆使して霊や妖怪から生徒を守るストーリーはもちろんだが、作中の霊や妖怪のリアルな描写は少年たちにトラウマを植え付けるほど話題を呼び、今もSNSでたびたび話題になるほど。世代を超えて読み継がれている名作であり、現在は第3シーズン『地獄先生ぬ~べ~S』が最強ジャンプで連載中だ。
そこで、今回は原作者・真倉翔先生と、作画担当の岡野剛先生にインタビューを敢行! 知られざる創作秘話を存分に語っていただいた。2人とも「霊感が無いからこそ描けた作品」と語るが、連載開始とともに、岡野氏のアシスタントが数々の恐怖体験を味わうことになる……。

文=山内貴範  #ムー民クリエイター
協力=真倉翔、岡野剛、集英社

画像1

真倉翔(まくら・しょう)*写真右
1964年、愛知県出身。漫画家として、1990年に『週刊少年ジャンプ』で『天外君の華麗なる悩み』を連載。1993年からは『地獄先生ぬ〜べ〜』の原作を担当し、ヒット作となる。その後も数多くの漫画原作を手掛け、現在は岡野剛氏とともに『地獄先生ぬ〜べ〜S』を連載中。
岡野剛(おかの・たけし)*写真左
1967年、千葉県出身。1989年、『AT Lady!』を『週刊少年ジャンプ』に連載し、1993年から『地獄先生ぬ〜べ〜』の作画を担当。実は『ぬ~べ~』連載開始から3年間は、サラリーマンと兼業しながら漫画を描いていたそうだ。

ムー創刊以前のオカルトブームを体験

――『地獄先生ぬ~べ~』には、妖怪や幽霊はもちろんですが、都市伝説や神秘体験など、「ムー」的なオカルトネタがたくさん登場します。真倉先生と岡野先生は、「ムー」を読んだことはございますか?
真倉:『ぬ~べ~』の原作を担当しているにもかかわらず、私はそこまでオカルトに興味がありません(笑)。ただ、「ムー」は学生時代に買っていましたし、『ぬ~べ~』の連載を始める前に、資料として別冊などを買ったりしていますよ。
岡野:実は……読んだことがないんです(笑)。
――なんと(笑)! 私の勝手な思い込みで、熱心な読者だったりするのかな、と思っていました。
岡野:僕は真倉先生と違ってオカルトにはまったことがありますが、小学生の頃で、1970年代前半。「ムー」の創刊前だったんです。そのかわり、「科学と学習」に載っていたUFOや超能力の特集を読んでいました。
真倉:「ムー」が出たのって、70年代後半ですよね。あの頃はスプーン曲げなどの超能力ブームがありました。野球漫画の『ドカベン』にも超能力を使うチームが出てきたくらい、空前のブームだったんです。
岡野:『Gメン'75』という刑事ドラマにも超能力が出ていましたよ。
真倉:70年代から90年代はじめくらいまでは、テレビでも普通に「ムー」っぽいネタが放送されていたよね。
――確かに、90年代くらいまでは一種のエンタメとして、オカルトが身近な存在でしたよね。そんなブーム真っただ中の1993年に、『地獄先生ぬ~べ~』の連載が始まります。どういう経緯で企画を立ち上げたんですか?
真倉:90年代はじめごろ、担当編集の佐々木尚さん(※)が持ってきた企画が発端です。はじめは、ガキ大将みたいな大人が主人公の話を考えたんだけど、ちょっとかっこよくないな~と思えてきて。でも、学校の先生だったら子どもの中にいてもかっこいい。そこで、先生が主人公の漫画を考えたのですが、紆余曲折あって一度立ち消えになっちゃうんです(笑)。

(※脚注)佐々木尚さん…後の『週刊少年ジャンプ』9代目編集長。

真倉:すると、佐々木さんが今度は織田無道さんのビデオを持ってきて、「次は霊能力だ!」「除霊だ!」と話してきたんです。“先生”と“霊能力”、この2つの要素を合体させたキャラが『ぬ~べ~』なんですよ。

画像2

コミックスを手に、90年代の連載当時を振り返る真倉氏。

岡野:90年代前半は、『幽☆遊☆白書』の影響で、ジャンプの新人賞は応募作品が霊能力ものばかりだったらしいんです。そんな中で、僕は真倉先生から“先生が霊能力を使って子供たちを守る”という設定を聞いて、「これは新しい!」って、驚きましたよ。
真倉:妖怪やUMAの知識も、企画が動き出してから勉強しました。神保町の本屋に毎日のように通っては、本を買い漁って調べたんですよ。その中に「ムー」の別冊もありましたね(笑)。面白そうなところに付箋を貼って、アイディアを練った思い出があります。

アシスタントだった浅美裕子が連続恐怖体験

この続きをみるには

この続き: 2,699文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2021年1月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
42
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。