4月27日の動き・崩れから生まれるものは?/今月の十二星座占い
見出し画像

4月27日の動き・崩れから生まれるものは?/今月の十二星座占い

占い=エミール・シェラザード

ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、1970年代半ばより西洋占星術の研究を始める。50年にわたるキャリアを持ち、執筆、講演、教育、カウンセリングなど幅広い分野で活躍。中華民国星相学会「永久名誉会員」でもある。2018年、一般社団法人日本占術協会副会長に就任。kaminosachi.com

2021年4月9日~2021年5月8日の運勢

◆ 4月の社会情勢 ◆

 まぶしい新緑に負けないくらい、社会の多方面で女性が鮮やかに活躍しそう。それは、牡羊座に新月が輝くころ、女性を象徴する金星が、太陽や水星とともに、この星座にきらめいているから。国内外を問わず、女性主導のムーブメントが注目を集めるでしょう。
 4月半ば以降は、変革の天王星に吸い寄せられるように、星が牡牛座へ移動していきます。衣食住を中心とする生活様式が変化して、生身の人同士が直接やりとりする場面は激減しそう。
 そして4月27日の満月には、運勢がある意味でピークを迎えます。
 動かざる山のごとしと思われていた状況が、音を立てて崩れるでしょう。タロットカードにたとえるなら「塔」。天に近づこうと人間が建てたバベルの塔は、神の怒りを買い、落雷によって崩壊します。
 とはいえ、古い体制の崩壊によって、新しい体制が生まれると思えば、何も恐れる必要はありません。ただし、あまりに速すぎる変化に置いてけぼりを食らう人が出ないよう気をつけたいもの。変化のときだからこそ、春の嵐に吹き飛ばされないような、思いやりの心を持つことが大切です。


この続きをみるには

この続き: 5,783文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。