中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2021年10月号、第450回目の内容です。

文=南山宏 #ちょっと不思議な話

集団電気

 デンキウナギはいつも必ず集団で行動し、数匹以上がそれぞれ860ボルト以上の電流を、タイミングを合わせて一斉に放電して獲物を感電死させることが、このほどブラジルの生物学者グループの研究によって突き止められた。
 これまでは、いつも単独で獲物を襲うと考えられていた。

超高価マスク

 世界一高価な新型コロナ対策用マスクは、いったいおいくら?
 2020年8月7日付AP電によれば、イスラエルの某宝石メーカーがこのほど製作した最高級の〝N99式防塵フィルター付き抗ウイルスマスク〟は、白と黒のダイヤ粒が3600個編み込まれた超豪華版マスクで、売り出し価格はなんと492万2000シェケル(110万英ポンドすなわち約1億6800万円)だとか。
 もちろんダイヤつきだから重量が270グラムもあり、通常の医療用マスクに比べると、100倍近くも重くて実用性はまったくないが、驚いたことにそれでもすぐに買い手がついたという。
 宝石メーカーの広報部は、購入者の身元の公表は拒んだものの、現在アメリカに在住の中国人資産家、とまでは明かしてくれた。

この続きをみるには

この続き: 1,963文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。