見出し画像

ロズウェル事件に新展開!! UFOの残骸が隠された洞窟リチャーズ・ケイブの謎/ドン・シュミット

最も有名で最も不可解なUFO事件といえるロズウェル事件。長年、この事件について調査しているドン・シュミットが、物的証拠となるUFOの破片が眠る洞窟の存在を突き止めた‼当時、UFOの残骸を拾い集めていたダン・リチャーズという少年が隠していたのだ‼ロズウェル事件解明の大きな展開となる事実にたどり着いたドン・シュミット自身による渾身の調査レポートをお届けしよう。

文=ドン・シュミット 翻訳=宇佐和通

*三上編集長による解説動画


5日間手つかずだったUFOの破片散乱現場

 1947年に起きたロズウェルのUFO墜落事件に関しては、物的証拠の捜索および発見がわれわれの30年にたる調査における最も困難な側面でありつづけている。調査開始以来、ロズウェル陸軍航空基地(RAAF)関係者に対するインタビューを重ねてきた中で、墜落現場で回収された破片を手に入れた人物が複数存在する可能性について考えるようになった。

 デブリーフィールド=破片散乱現場で破片の回収作業に関わった兵士なら、だれでもできたはずだ。1週間にわたって行われた破片回収現場での作業にあたっていたにせよ、回収した破片をロズウェル基地に運搬する任務に就いていたにせよ、あるいは回収された破片が保管されていたP3格納庫を警備していたにせよ、実際に破片を目にして手で触れた人たちには、一部を持ちだすチャンスが多かれ少なかれあったはずだ。
 どのくらいの人間がそれを実行し、成功したのかについてはわからない。しかしここではまず、そうした人間が複数存在する可能性が否定できないことを強調しておきたい。

画像1

デブリ・フィールドにあるモニュメント。写真の右側に破片散乱現場が広がっている。

 現時点でわかっていることから話を始めよう。UFOらしき飛行物体が墜落したのはロズウェルの北東75マイル(120キロ)に位置するコロナという小さな町の近郊だった。これが起きたのは1947年7月2日の夜だ。翌7月3日の朝、マック・ブラゼルという牧場管理者が、羊の放牧場に散乱している大量の破片を発見した。

この続きをみるには

この続き: 7,164文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。