グラハム・ハンコック新説! 彗星激突の人類前史とアメリカ大陸超古代文明/大地舜
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

グラハム・ハンコック新説! 彗星激突の人類前史とアメリカ大陸超古代文明/大地舜

1万2800年前――人類は一度、絶滅した。
そのとき、地球にはどんな文明があったのか? そして、どんな大災害が地球を襲ったのか?
大ベストセラー作家グラハム・ハンコックが超古代文明の痕跡を徹底的に追跡! ついにその全貌が、明らかにされる!

文=大地 舜
資料協力=双葉社

「発見」前の北米大陸にあった都市文明

 コロナ禍が世界を揺るがす2020年11月、作家グラハム・ハンコックは多忙だった。ドキュメンタリー・フィルム制作のため、地中海のマルタ島に撮影に出向いていたのだ。
 そこで、英国への帰国を待って、久しぶりに電話で1時間ほど会話した。全米ベストセラー6位となったハンコックの最新刊『人類前史 失われた文明の鍵はアメリカ大陸にあった』(双葉社)が、2020年11月17日に日本の書店に並ぶことになったからだ。
 そのとき筆者は、ついこう口を滑らせてしまった。
「今回の翻訳はタフだったよ……」
「シュン、すまなかった。何しろ、科学者や考古学者が納得できるように、慎重に書いたんだ」
「いやいや、いい勉強になったし、おもしろかった……」
 筆者は慌てて釈明した。

 グラハム・ハンコックの世界的ベストセラー『神々の指紋』が出版されてから、すでに25年がすぎた。あれから新たな考古学的発見もあり、科学の進歩も伴って、グラハム・ハンコックの洞察が正しかったことは次々と証明されている。そのためか、さまざまな分野の専門家たちも、喜んで彼の取材に応じるようになった。
 ハンコックから『人類前史』のために北米を取材するという計画を聞いたのは、2016年5月のことだ。このときハンコック夫妻は軽井沢の豪奢なホテル、アンシエントホテル浅間に滞在していた。
 その素敵なホテルに筆者たち夫婦も押しかけて、夜中まで話しこんだ。だが、北米をテーマに本を書くと聞いて、南米のアマゾンやアンデスならまだしも、北米になにか重要な遺跡があっただろうかと、訝しく思ったものだ。
 その後、「ナショナルジオグラフィック」誌に「北米最大の先史都市カホキアの謎に新事実」という記事を見つけ、北米大陸にも巨大遺跡が存在することを筆者は知った。

画像55

『人類前史』(上下巻)
 1万2800年前、人類は一度、絶滅していた!  あの大ベストセラー『神々の指紋』から25年。グラハム・ハンコックによる超古代史研究の最終回答が登場した。相次ぐ考古学的な新発見、最先端の遺伝子解析の結果、さらには北米大陸からシベリア、エジプト、ニューギニア、南米のアマゾン奥地まで駆け巡り、発見した数々の「動かぬ証拠」。そこから導きだされた衝撃の結論とは? 失われた「先史時代の文明」の存在が、ここに解き明かされる。(グラハム・ハンコック著/大地舜・榊原美奈子訳/双葉社/上巻2000円・下巻2200円いずれも+税)

アメリカ先住民のすぐれた文明

 2019年3月には、「ニューズウイーク」誌に「北米に巨大ピラミッド? 失われた巨大都市の謎」という記事が掲載された。
 カホキアに関するこの記事は、以下のような内容だった。

*1000年ほど前、現在の米イリノイ州コリンズビル(ミズーリ州セントルイス郊外)に文明的な都市があった。人口は推定1万〜3万人。人々は草ぶきの家に暮らし、強い興奮剤を愛用し、女神たちを敬い、木製の天文台で星の動きを観測していた。
*その都市の中心には高さ30メートルほどのピラミッドがある。土で造った建造物としてはアメリカ大陸で最大規模。その周りに広場があり、多くのモニュメントがあった。
*繁栄は250年ほど続いた。しかし西暦1300年ごろ、なぜか忽然(こつぜん)と姿を消し、今は「カホキア墳丘群州立史跡」と呼ばれ、ユネスコの世界遺産に登録されている。
*考古学者のトーマス・エマーソンらは、1500もの建築遺構と100万を超える石器や銅器などを見つけている。
*カホキアの遺跡は1000年前の、つまり白人が「発見」する前の北米大陸に、立派な都市文明があったことを教えてくれる。

 エマーソンがいうとおり、「この事実を軽く見てはいけない」のだ。

この続きをみるには

この続き: 25,136文字 / 画像54枚
記事を購入する

グラハム・ハンコック新説! 彗星激突の人類前史とアメリカ大陸超古代文明/大地舜

ムーPLUS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。