プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM
見出し画像

プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM

宇宙はわれわれが思い描くような世界ではない。
最新の科学理論と秘教世界の伝統が明かす、宇宙の本当の姿――。
それは輪廻を繰り返し、進化を遂げるダイナミックな世界だった!

文=ToМ

プラズマ宇宙論とはいったい何か?

 本誌読者なら、「プラズマ宇宙論」という言葉は聞いたことがあるだろう。
 この理論は宇宙的スケールの現象を、従来の重力以外の方法で説明するものだ。具体的には宇宙で起こる現象は、全バリオン(一般的な天文学では、通常の物質を構成する粒子という意味で用いられる)物質の99.9パーセントを占める電気伝導性の気体プラズマの運動に起因する巨大な電流と、強力な磁場の影響を大きく受けるとする。
 こうした電磁気力と重力の相互作用によって、宇宙における壮大な現象が起こっているというのである。基本的には、電磁流体力学の上に立脚した理論である。
 プラズマ宇宙論はプラズマ物理学者ハンネス・アルベーンによって発展し、アンソニー・ペラットとエリック・J・ラーナーなどによって、さらに進化を遂げた。
 たとえば非常に複雑な形態を見せる惑星状星雲は、太陽程度の質量を持つ恒星における最期の姿である。その複雑な形態は、重力ではなく磁場こそが大きな役割を果たしていることを示している。
 そしてこの惑星状星雲もプラズマで形成されており、そこには特徴的なフィラメント構造が多く見られる。
 ということは、これはプラズマの自己組織化によって生みだされる形であり、その証明として内部には「ビルケランド電流」と呼ばれる電気が流れているのである。

画像1

超新星爆発の残骸。高エネルギーのプラズマであり、宇宙空間を流れる電気、すなわちビルケランド電流のひとつである。これが宇宙の構造を作りだす。

宇宙のすべてを物語る壮大なる理論

 われわれを照らしだす太陽も、同様に巨大なプラズマの塊である。
 太陽から放出される高速のプラズマは惑星空間を通り抜けて地球に達し、オーロラ、北極光、磁気嵐、電波障害などを引き起こす。
 一般に真空といわれる宇宙空間だが、実際はプラズマで満ちており、プラズマ・ダイナミクスが支配する空間なのである。そしてそれは、休みなく変化を見せている。

画像2

太陽は巨大なプラズマの塊である。では、この膨大な熱は、どこで生まれているのだろうか。

画像3

プラズマ。宇宙空間はプラズマで満ちている。そして、その巨大な電流の流れによって、あらゆる事象が生まれてくるのである。

 いうまでもなく、惑星、太陽系、銀河系、星間ガス、星雲、銀河団、彗星など、宇宙にあるすべての物質はプラズマの影響を受けている。
 なにしろプラズマは宇宙空間に豊富にある。宇宙の広い範囲にわたって重要な役割を果たすのも当然なのだ。そしてこのことは、従来の宇宙論を大きく覆す可能性を秘めている。

 前述のプラズマ宇宙論の立役者ハンネス・アルベーンは、次のように述べている。
「宇宙についての理論は、われわれが観測や実験で確かめた事実の延長上に打ち立てられなければならない。われわれは、ビッグバン理論のように最初に宇宙誕生の姿を想像して、そこから現在の宇宙に進化するまでを推測して理論にするのではなく、まず今の宇宙の姿を調べ、それを元にしてより遠い過去へ、より不明瞭な時代へと遡っていくべきである」

 これは、プラズマ宇宙論の基本的な考え方が現実的なものであり、(机上で考察された)ビッグバン理論とは対極であるという宣言ともいえる。

 実際、プラズマ宇宙論が描く宇宙の姿は、定常宇宙論とは大きく異なる。
 そもそも特性上、プラズマはひとつの場所にとどまるということはない。常に反発し、あるいは引き合い、衝突などを繰り返して変化しつづけている。それが積み重なって、大きなスケールの変化が起こり、大規模な宇宙の構造を作りだしていく。
 繰り返すが、なによりもプラズマ宇宙論では、宇宙の大規模構造はビッグバン理論が重視する重力ではなく、プラズマのなかを流れる電気と、それが作りだす磁場によって形成されるとする。
 そしてこれこそが、現在ビッグバン宇宙論では説明が難しいグレートウォール(5億光年以上の長さと3億光年の幅を持つ、膨大な数の銀河からなる宇宙の「壁」) などの宇宙の大規模構造を解明する糸口になる可能性を秘めているというのである。

 では、プラズマ宇宙論が解き明かす、宇宙の本当の姿とはどのようなものなのか。
 次章からそれに迫っていくことにしよう。

画像32

アラスカ地方で見られるオーロラ。太陽から放たれるプラズマによって、地球の極地方の上空に出現する。

宇宙はプラズマで満ちている

この続きをみるには

この続き: 12,243文字 / 画像28枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。