映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』は実話だった! 全米を震撼させた悪魔憑き殺人事件/山口直樹
見出し画像

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』は実話だった! 全米を震撼させた悪魔憑き殺人事件/山口直樹

2021年10月に公開予定のホラー映画「死霊館」の最新作は、約40年前、実際に起きた殺人事件がテーマだ。取り憑いた悪魔による凄惨な刺殺事件、その背景にいったい何が起こっていたのか。事件を紐解いていくと、隠された真実が明らかになったのである。

文=山口直樹

実話をもとに描かれた最恐ホラー映画公開

 アメリカに、50年以上にわたって、悪魔や悪霊が関与しているとみられる不可解な現象に苦しむ人々の救済に取り組んだ夫妻がいた。エドとロレインのウォーレン夫妻だ。
 エド・ウォーレン(1926年9月7日〜2006年8月23日)は悪魔学者で、心霊現象の調査研究のエキスパート。ロレイン・ウォーレン(1927年1月31日〜2019年4月18日)は透視能力に優れた霊能者だ。
 ともにコネチカット州に生まれたふたりはカトリック信者で、1944年に出会い、翌45年に結婚。1952年、コネチカット州モンローに「N.E.S.P.R.(New England Society for Psychic Research/ニューイングランド・サイキック研究協会)」を設立し、超常現象と悪魔の実体の調査と探究を本格的に始めた。
 すでにふたりとも故人だが、アメリカではその生前の活動に再び注目が集まっている。夫妻の実話をもとにしたホラー映画『死霊館』シリーズが軒並み大ヒットしたからだ。

この続きをみるには

この続き: 7,192文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。