アダムスキー新解析top

アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

稀代のUFOコンタクティーとして世界に名を残している、ジョージ・アダムスキー。彼が残したUFO写真は常に、捏造説と背中合わせだった。
ーーところが、近年になって写真を新たに解析した結果、そこには、金星人の姿と、空飛ぶ円盤が確認できたのだ!
衝撃の写真が撮影されたその日、現場ではいったい何が起こっていたのか?
アダムスキー本人はもちろん、そこに参加した人物の証言も含め、事件の全貌を改めて検証する。

文=宇佐和通

アダムスキーによる500枚を超える写真

 UFOという言葉から、読者はどのような形状の飛行物体を思い描くだろうか。おそらく、あのきわめて特徴的な、いわゆる“アダムスキー型”UFOの形状を脳裏に浮かべる人も少なくないのではないかと思われる。

 UFOの典型例の由来であるジョージ・アダムスキーは、1891年にポーランドで生まれ、後に両親とともにアメリカへ移住したUFOコンタクティだ。彼は1931年にはアメリカ初のチベット密教修道院の設立を目的とする“ロイヤル・オーダー・オブ・チベット”という団体を立ち上げたが、まったくうまくいかなかった。そのためニューエイジ系の活動に携わりながら、天文台で有名なカリフォルニア州パロマーで小さなダイナー(北アメリカ独特の簡易レストラン)を経営することになる。

画像1

地球人で最初の異星人との接触者となったジョージ・アダムスキー。

 そのアダムスキーがUFOらしき物体を初めて目撃したのは、1946年10月のことだった。目撃は翌1947年になっても続き、生涯で少なくとも184回を記録している。
 そのため、何らかの証拠を残す必要性を感じたのだろう。1949年になると「軍部に注意を喚起するため」と称し、6インチ口径の天体望遠鏡をカメラに装着して写真を撮影するという監視活動を開始した。それからほどなくして彼には、“教授”というニックネームがつけられる。
 そして1952年12月までに、撮影したUFO写真は500枚を超えた。
 だが、そのほとんどは──アメリカ空軍に提供したものも少しは含まれていただろうが──“教授”が経営するダイナーを訪れた観光客に売られていたのだ。

画像2

典型的なアダムスキー型UFO。基底部に見える3つの球形のパーツが特徴的だ。

トリックを疑われた空飛ぶ円盤の写真

 それでも活動が知られていくうちに、有名なUFO現象リサーチャーや空軍関係者がアダムスキーの店を訪れるようになった。

 1948年から20年以上にわたってアメリカ空軍UFO研究機関の顧問を務めたJ・アレン・ハイネク博士は、アダムスキーの印象について次のように語っている。
「店に行ってUFOに関する科学的な議論をしようと思ったが、“教授”は観光客に写真を売るのに忙しく、私の素性を知っても大した興味を見せる様子はなかった」
 アメリカ空軍の「プロジェクト・ブルーブック」(アメリカ空軍が陣頭指揮した極秘UFO調査)の実質的責任者だったエドワード・J・ルッペルトも、アダムスキーの店を訪れている。彼はアダムスキーについて、「私が出会っただれよりも正直な目をしていた」という言葉を残しているものの、ハイネク博士と同じ印象を受けたようだ。

 こうしたことからアダムスキーは、主流派のUFO研究サークルからも軍部からも懐疑的な視線を向けられていたと考えていいだろう。観光客向けのUFO写真である以上、そこに「トリック」というニュアンスがついてまわるのは、仕方のないことだったのだ。
 実際、ハイネク博士やルッペルト氏などのエキスパートに限らず、アダムスキーの写真について「偽物だ!」と断言する者は後を絶たなかったという。
 とくに疑念がもたれたのは、“アダムスキー型”と呼ばれるようになったUFOの形状だった。
「底部に見える3つの“着陸脚”は、逆さにした電球か半分に切った卓球のボールにしか見えない」
「操縦室の上の部分は、ランプシェードではないか」
「いや、ソフトドリンクを冷やす機械を使って作ったのだろう」
 そんな言葉ばかりが、写真に対して向けられたのだ。アダムスキーと親しくしていた人物から、「偽のUFO写真を作るのを手伝った」と証言されたこともある。こうした経緯から現在では、アダムスキーのUFO写真はほとんどが作りものである、というコンセンサスができあがっている。

 ところが──。
 最近になってアダムスキーのUFO写真に、まったく新しい角度からスポットライトが当てられるようになったのである。

画像3

1952年11月20日に撮影されたアダムスキーによる写真。右下の円がヘイリー、左上がUFO群。今回の解析が加えられるまで、単なる風景写真としか思われていなかった(© Adamski Foundation & Rene Erik Olsen/ Research: Michel Zirger - Rene Erik Olsen. Editing: Michel Zirger)。

写真に写っていた3機の謎のUFO!

 きっかけは1952年11月20日に、カリフォルニア州のデザート・センター近郊で撮影された写真だった。ごく普通の風景を撮影したものにしか見えなかったので、発表当時はまったく話題にもならなかったものだ。

 ところがそこに、アダムスキーのイメージそのものを完全に覆すような検証を行った人物が現れた。フランス人のUFO研究家・ライターとして活動するミッシェル・ジルジェール氏と、デンマーク人カメラマン・アーティストのレネ・エリック・オルセン氏だ。
 オルセン氏はかねてから、ジョージ・アダムスキー・ファウンデーションの責任者グレン・ステックリング氏から、アダムスキーがコダック・ブロウニー・カメラで撮影した写真のデジタルデータを受け取っていた。
 そこにコンピューターによる最新の高解像度解析を加えようと思い立ったのは、2017年になってからだった。画面全体のコントラストを強調し、それぞれの部分の特徴的な要素を際立たせて、全体を見えやすくするという手法だ。後には着色もなされ、肉眼で見た状態に近くなっている。
 こうした過程を経て明らかになったのが、本稿で紹介する写真である。
 繰り返すがこれらは、公にはされていても、詳細な分析や説明がなされたことはなく、注目を集めることもまったくなかったものだ。
 オルセン氏にしても、さほど期待はしていなかったはずだ。ところがそこに「写っていた」ものは、彼の期待をはるかに超えたものだった。

この続きをみるには

この続き: 9,035文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の3月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。

または、記事単体で購入する

アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ムーCLUB 2020年3月配信セット
ムーCLUB 2020年3月配信セット
  • 31本
  • ¥1,200

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。