見出し画像

「ベントラ」呪文と砂漠のコンタクティ/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

昭和の時代、少年少女がどっぷり浸かった怪しげなあれこれを、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想。
今回は、UFOを呼ぶときの定番フレーズ「ベントラ」をふりだしに、宇宙とのコンタクト文化を振り返る。

文=初見健一 #昭和こどもオカルト

ジョージ・ヴァン・タッセルの不思議な生涯

 1970年代に小学生時代を過ごした同世代の読者であれば、「ベントラ」という言葉に強烈な郷愁を感じる人が多いと思う。子ども時代の日々がよみがえって、なんだか気恥ずかしくなってしまう人もいるかも知れない。

「ベントラ」は「UFO召喚」のための「呪文」である。「宇宙船」を意味する「宇宙語」だそうで、この言葉を「地球外生命体」から授かったのはジョージ・ヴァン・タッセルとされている。
 1950年代、米国カリフォルニア州のモハベ砂漠にアシュタール・ムーブメントの拠点を創立したアメリカの代表的コンタクティだ。アメリカの「UFO運動」史においては最重要コンタクティのひとりとされているが、なぜか日本ではあまり語られることがないようで、日本語の資料も少ない。非常に不可思議な経歴の持ち主なので、ちょっと前置きが長くなるが、まずはこの「ベントラ」呪文の考案者(?)について触れておきたい。

 ヴァン・タッセルは当初、自動車整備士や航空エンジニアとして(ハワード・ヒューズとの交流から飛行機に興味を持ったらしい)普通に社会生活を送っていたようだが、やがて砂漠に魅了され、そこに生活拠点を置くことになる。彼に砂漠のすばらしさを教えたと思われるのが、フランツ・クリッツァーというドイツ移民。炭鉱の関係者だったらしいが、なぜか砂漠の魅力に取りつかれて、モハベ砂漠にある有名な巨石「ジャイアントロック」の下に穴を掘り(無断でダイナマイトを使った掘削を行ったともいわれている)、そこに住居を作って住み着いた。ときおりここに遊びに来ていたのがヴァン・タッセル。どういう経緯があったのかは不明だが、ヴァン・タッセルも砂漠の暮らしに憧れるようになったらしい。

この続きをみるには

この続き: 3,745文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。