猫顔異星人から生体・機械の異常現象まで…オーストラリア国立公文書館の「UFO文書」公開/遠野そら・MYSTERY PRESS
見出し画像

猫顔異星人から生体・機械の異常現象まで…オーストラリア国立公文書館の「UFO文書」公開/遠野そら・MYSTERY PRESS

オーストラリア国立公文書館が公開したUFOレポートには、世界各地のUFO・異星人情報が記されていた! 驚きの情報量には、なんとアレン・ハイネックがかかわっていた!

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

オーストラリア公文書に隠されていたUFO情報

 UFOに関する情報の開示が相次ぐなか、オーストラリアでも、ある調査報告書が話題になっている。それはオーストラリア国立文書館(NAA)が公開したもので、1957年~1971年と14年に渡り世界各地で報告されたUFOや宇宙人の情報が記されているのだ。

 この報告書は2008年、オーストラリアのUFO研究家キース・バスターフィールド氏が国防省へUFOの目撃に関する調査報告書の開示を求めたところ、NAAより公開されたものである。
 主にヨーロッパや北南米で起きたUFOや宇宙人の遭遇事件の詳細が記されているのだが、男性型ヒューマノイド、女性型ヒューマノイドはもちろんのこと、小人サイズから大柄な大人サイズまで、様々な宇宙人が目撃されていたという。中には“褐色肌のイケメン宇宙人”や、“ダイビングスーツのような着衣からもじゃもじゃの胸毛をはみ出した宇宙人”の他、“光り輝くキノコ型UFOに乗った宇宙人が猫のような顔をしていた”、といった記述もあり、地球には多種多様な種族が飛来していることを改めて感じさせてくれる内容ではないだろうか。

UFOが生体や機械に悪影響を及ぼす

 また他にも、UFOに遭遇すると人間のみならず周囲にいる犬や鳥、さらには牛までも、体が動けなくなってしまう事が報告されている。そのほとんどはUFOが飛び去ると同時に麻痺が解けるそうだが、なかにはしばらく経ってからも頭痛や不眠症、食欲不振などに悩まされるパターンもあるという。

 さらにUFOは人間のみならず車にも影響を与えるようだ。車のラジオが止まる、突如エンジンが失速する、エンストし動かなくなる等が報告されているが、こちらもやはりUFOが飛び去るとまた普通に運転ができるようになるという。

この続きをみるには

この続き: 1,068文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。