オーストラリアの国立公園で獣人ヨーウィをサーマルカメラが捉えた!/山口直樹
見出し画像

オーストラリアの国立公園で獣人ヨーウィをサーマルカメラが捉えた!/山口直樹

オーストラリアの森林地帯で、伝説の獣人ヨーウィの姿が、最新のサーモグラフィで撮影された。現在、あまり例を見ないサーモグラフィで捉えられた獣人の姿は、研究家たちをはじめ、世間の注目を集めている。

文=山口直樹
写真=Australian Yowie Research

画像1

ヨーウィが立っていた現場の写真。

赤外線画像に写った獣人ヨーウィ

 オーストラリアの森林地帯に潜む獣人UMA“ヨーウィ”の姿が、最新のサーマルカメラによる赤外線画像(サーモグラフィ)で捉えられた。
 動物をはじめ、熱を持つ物体からは肉眼では見ることができない遠赤外線が放射されている。サーマルカメラは、この遠赤外線の強弱を検出し、高温部分は明るく、低温部分は暗く表示する熱画像で撮影できるカメラだ。
 暗闇でも映る赤外線カメラは、前方に赤外線を照射し、反射してきた赤外を捉える。そのため、深夜の森を映すと、熱の有無や強弱に関係なく、そこにあるものの大半が映る。
 だが、サーマルカメラでは、熱を持った動物ははっきりと映るが、深夜で冷えた木や地面などはあまり映らない。
 そのため、暗闇で撮影しても、その姿がリアルに表示されるのだ。

 今回、撮影に成功したのは、クイーンズランド州を拠点にヨーウィを調査研究している「オーストラリアン・ヨーウィ・リサーチ」だ。リーダーのディーン・ハリソンさんによると、今年の5月初めの深夜、スプリングブルック国立公園内の広大な森林で、仲間3人と野営をしながらヨーウィを追う探索を実施した。すると、幸運にも2頭のヨーウィに遭遇できたという。

画像2

調査中のディーン・ハリソンさん(左)とカメラ担当のバック・バッキン
ガムさん(右)。

この続きをみるには

この続き: 943文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。