見出し画像

アメリカ国防総省ペンタゴン直属のUFO調査機関「AOIMSG」発足‼

ムーPLUS

2021年11月、アメリカ国防総省ペンタゴンから驚くべき発表がなされた。UAP調査部署「AOIMSG」の新設──。未知の飛行現象を“脅威”と認めたアメリカが今、本格的な調査活動を開始したのである。

◉最新UFOレポート◉ 文=並木伸一郎

「UAP」調査の専門部署が新設

 2021年11月23日、米国防総省(以下ペンタゴン)が、UAP=未確認空中現象の調査を行う専門部署の新設を発表した。

「AOIMSG」の設立を伝える国防総省の文書。

 その名も「Airborne Object Identification and Management Synchronization Group (AOIMSG)」。飛行物体識別管理・同期グループを意味する名称だ。

「AOIMSG」の設立には、アブリル・ヘインズ国家情報長官とキャスリーン・ヒックス国防副長官というふたりの政府高官が関与しており、ペンタゴン直属の調査機関となる。
 同グループは、国防次官(情報・安全保障担当)の管理下に置かれ、現海軍所属機関である既存のUAPタスクフォースが行っている業務をすべて引き継ぐ。さらに、実際、多くのUAP目撃・遭遇事例が報告されているアメリカ東海岸および西海岸沖合の警戒区域をはじめ、「SUA = Special Use Airspace(特殊用途空域)」での事例に特化する形で調査活動を行うという。

 任務遂行にあたり重視されるのは、ペンタゴンをはじめ各省庁間の連携を図ることだ。今後は、前述した軍用空域および警戒空域内での目撃情報を中心に、政府全体のUFO研究の監督、併せて航空機の飛行の安全と国家安全保障に関連する脅威への対策を講じていくという。

この続きをみるには

この続き: 1,141文字 / 画像4枚

アメリカ国防総省ペンタゴン直属のUFO調査機関「AOIMSG」発足‼

ムーPLUS

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!